さすらいのネットサーファー

いよいよ芦ノ湖の話題

1998年5月9日

まったく、芦ノ湖の話題にたどり着くまでに原稿用紙15枚分も書いてしまったよ。ここまでちゃんと読んでいる人が何人いるのかな? ひょっとしてロボットサーチエンジンだけだったりして…

ブラウンマスまあいいや、とにかく芦ノ湖に着いたところから話を始めよう。5月9日は5時半に芦ノ湖到着。その頃湖上には既にボートが散らばっていた。実はゴールデンウィーク開けから出船時間が5時に変更されていたのである。

急いで用意をして6時出船。この時点で表水温は14.9度だった。しばらくハーリングをしていたが、深良水門まで行くうちに小型が2匹ヒット。慎重に魚探で群を探していると、どうやら水深15メートルほどの沖を群が回遊しているようだ。

7時に深良水門沖水深15メートルにアンカリング。いよいよダブルホールの手ほどき開始である。Tomy は10ft#8、腹Timerさんが新しく買った SAGE の 9ft #7 にそれぞれユニフォームシンク・タイプ3というタックルだ。

カウントダウン無しからはじめて15秒、30秒と深度を深めていく。30秒まで沈めるには No.21で紹介した♪がらがらブギ♪2回を歌えば、だいたい適当。

7時半頃になって Tomy、ワンキャスト・ワンフィッシュ状態に突入。小型ながら3匹連続の入れ食いモードだ。少々風が強かったので腹Timerさんはこのときルアーキャスティングをしていたのだが、ルアーには見向きもしないらしい。

「今がチャンスだから早くフライをはじめるように!」と指示したのだが、腹Timerさんはヘボキャスト連発で結局チャンスを逃がしてしまった。約30分間ダブルホールを「ああでもない」「こうでもない」「とんでもない」と厳しく指導。しかし、それほど簡単にダブルホールが完成するはずもなかった。

ヒョロリロリ ヒョロリロリ ヒョロリロリ…

と、そこへ最近チャットに現れる謎の女性ねこさんから突然の電話。

「もしもし、あっ! どうも」

おおばですね。今こちらは深良水門の沖にいるんだ。すぐにアンカーを上げてそっちに向かうよ」 

どうやらねこさんおおばの近くにいるらしい。Tomy は前日に西岸まで引っ張る約束をしていたのでアンカーを上げることにした。

すると、そこへトローリングをしていた Kattz さんが通りかかったので短い会話。どうやらあちらも小型ばかりのようだ。場所を kattz さんに譲って Tomy 達は湖尻の桟橋に向かっていった。

あと少しで湖尻に到着するというときに、もう一度電話が鳴ったので詳しく服装などを聞いて探し回るが、それらしい女性はどこにもいない。

ガツッ! 「あー」

その時、第1の事件発生! 浅瀬でキョロキョロしながらボートを回していたら、ヘラブナ釣り用の竹竿に魚探のステーをぶつけてしまったのである。アルミの棒はグニョリと曲がってしまった。

(T⊥T)

結局ねこさんは見つからず、その後はハーリング2本とトローリング1本の引っ張りモードに移行。飽きない程度にポツポツ釣れ続け、11時頃までに数本を追加した。

ガクン ガクン ガクン!

「よっしゃぁー! これはちょっといい引きだよ!」

Tomy のフライロッドに明確なアタリがあり、ちょっといいサイズがハリ掛かりしたようだ。腹Timerさんに操船を代わってもらい慎重に引き寄せていく。

が! ここで第2の事件発生! 取り込みをしようとした瞬間だった。

・・・

何と! 魚が暴れてスクリューにラインが巻き込まれてしまったのである。幸いフライラインに傷はつかなかったのだが、お魚は「アバヨ!」

ここで一旦、引っ張りモードからキャスティングに戻ることに…