濃霧のち晴れ

神経衰弱

タコ社長見ての通り周りは真っ白でした。これだけヒドイ霧だと南か北を目指すしかないでしょう。

北東とか南西なんて中途半端は難しすぎるのです。常にコンパスの針が自分を指すようにボートを操るしかありません。

約30分後、なんとか亀ケ崎を見つけたところで南北の往復運動をはじめることができました。湖尻湾のど真ん中を通るコースです。

5月半ばから魚が沈み、深場を狙わないと数は望めません。大物を釣るならキャンプ場沖で底ギリギリを流すパターンですが、視界が悪いときは真ん中しかないのです。岸寄りを走っているとトローリングの船同士が行き場を失うことになりかねませんからね。

でも、さすがにどこを走っているのかわからないと釣りには集中できないものです。小型を4匹ほど釣り上げたものの、寝不足で疲れ果ててしまいました。一行は8時頃一旦ボート屋に戻って霧が晴れるのを待つことに・・・。

爆釣モード突入!いいかげん疲れていましたが、まだ朝の連続テレビ小説の時間です。しばらくコーヒーを飲みながらしゃべっていると、だんだん霧が薄れて亀ケ崎がうっすら見えてきました。

9時過ぎに再び出船、運転を交代しながらさっきのコースを走りはじめると…

9時半からは爆釣モードに突入! 40センチ級が一時入れ食い状態で、メンバーはかわるがわる引きを楽しむことができました。

レッドコアラインは2色から7色。かなり上下に魚が散っていましたが、コンスタントに釣れたのは、やはり6〜7色。水深で言うと8〜10メートルぐらいでしょう。(12ポンドのレッドコアライン)

表層にも大きな魚影が何度か映りますが、コイのもじりを沖の方で見たので、マスと言い切ることはできません。マスと言い切れるのは8メートルより下を泳いでいるやつだけです。

湖尻湾トローリングコース右のポイント図はトローリングで特にアタリが多かった場所を示しています。2週間でだいぶ沖へ群が移動したことがわかるでしょう。

今まで小杉から立岩までの西岸はサッパリでしたが、そろそろ西岸も良くなる頃です。また、この日は亀ケ崎の沖でヒメマスの群をとらえることもできました。

ヒメマスは20メートル以上の深さにいたので狙いませんでしたが、明け方はもう少し浮いているはずなので14,5メートルで釣れるかもしれません。

まだ釣れているという話を聞きませんが、ヒメマスを狙っている人がいたら情報をお願いします。

…というわけで、この日の釣りは午前中で終了。午後は3時を過ぎでないと、あまり釣れないので早めに帰ることになりました。釣果は35センチ中心で大きくても42センチ止まり、全部で15匹ぐらいかな?

次回はいよいよシイラ釣り開幕!