シイラ・if

大物写真6連発!

まずはメーター10オーバー

これはまだ序の口よ

ソル男さんはなぜか大物を連発する絶好調男でした。釣り上げたのはことごとくメーターオーバー。3匹目を釣り上げた頃からラインがブチブチ切れはじめましたが、恐らくヒット数は30以上だったでしょう。

メーター20もオーバー!

立ってられましぇん

オイオイ、しばらく姿が見えないと思っていたら、こんな大物と格闘していたのか…。いや、ご苦労さん!

これぐらいデカクなると、まっ黄っ黄になるまで20分はかかります。ドラグは2キロにセットしているんだけど、何度も何度もラインを引きずり出してネットに収まってくれません。こいつは船を2周して、やっとこさ捕ったんだよね。

どんなもんじゃい!

ガハハ…

masa 田中さん、30分のバトルを制す

な・何と! 129cm

この日の最大魚は何と129センチ! masa さんがこいつを掛けている間に Tomy は3匹連続で小物をキャッチしていました。小物と言っても90センチぐらいだよ。たまに70センチぐらいのが釣れると「なんだペンペンか…」と言ってフックをわざと外すのです。

このシイラが食ってきたのはミス・カルナという、とってもでかいルアー。トラウトやバスしかやったことがない人は買うのをためらってしまうでしょう。やはり大物にはでかいルアーですね。

しかし…、これでも今月の庄治郎丸 MVP に輝くためには10センチ以上足りません。今のところ MVP は女性で、記録は141センチ。あなたは信じられる?

なお、このシイラは記録に足らなかったので写真撮影後、海に返されました。いやはやいやはやいやはやいやはや・・・

港でのワンシーン

デカさを強調

通り掛かった子供にシイラを持たせてみました。もしも、こんな子供の竿に大物が掛かったら海に引きずり込まれてしまうでしょう。シイラは怪力です!

今年は本当にシイラが豊漁で、定置網にはメーターオーバーが腐るほど入るラシイ。浜値はメーターオーバーでも1匹100円だって。

けっこう刺し身やフライはイケルんだけど、でかくてグロテスクだから人気がないんです。平塚近辺に住んでいる人は2時頃庄治郎丸に行ってみましょう!

「シイラちょうだい」と言えばもらえます。味はイナダに似ているよ。

バラシ王、ハイ! ポーズ

バラシ王いしわた氏エー、恥ずかしながらわたくしがバラシ王です。今年のシイラは本当に大物揃いでやられっぱなしでしたよ。

実は朝からツイてなかったんですよね。ちょっとルアーの泳ぎを確かめようと思い、邪悪ベイトを航路に向けて投げてみたんです。

そうしたらジェットスキーが猛スピードで前を通り過ぎ、買ったばかりの邪悪ベイトを持っていかれてしまいました。

船代より無くしたルアーの値段の方が高かったです。トホホ…。えっ? このシイラですか? 恥ずかしながら借り物であります。せめてこれぐらいはいいじゃないですか!

皆さん、しばらくラインは20ポンドを使いましょう!