シイラ・if

狂乱のナブラ

QT Object Movie

画面の左端にカーソルを合わせると矢印が出ます。マウスボタンを押しっぱなしにしてください。

運良く10時半から釣り終了の1時過ぎまで、庄治郎丸にイワシ団子がへばりついていました。イワシ団子というのはシイラに追われたイワシが船を障害物にして隠れている状態です。船の底にへばりついていればシイラに食われにくいんですよ。

だから10時半からは船がまったく動きませんでした。「あっ! あれデカイね」とか言いながら、選んで釣るという状態です。船がイワシを置き去りにして少し動けば途端にこの状態。猛り狂ったシイラはイワシを集団で追い詰めてバホバホ状態になるのです。

こうなればもう、どんなルアーだって関係ありません。100円ルアーだって十分釣れるでしょう。フックさえ丈夫なものに換えれば安いスプーンも十分役に立つと思います。安いのを多めに買ってきましょうね。

ワームをノーシンカーで落として込む。すると次の瞬間にワームが視界から消え去る。恐ろしいスピードでメーター級のシイラがすっ飛んで来るから見ているだけでも超エキサイティングな見せ物です。だけど、のんびり見物している暇はありません。ドラグは悲鳴を上げ、シイラは空中に高々と舞い上がるのです。メーター20ともなるとカジキみたいですぜ!

このシイラ・ランバダ状態は延々3時間近くも続きました。これは今までまったく経験のない状態。まるでシイラ牧場ですね。しかも、この群は平均でもメーター級、終いにはみんな疲れ切ってへたり込みましたよ。

ラインはボロボロ、リールが熱をもつほどドラグが逆転しました。船代以上にルアーを持っていかれた人もチラホラ…

最後にはメーター20ぐらいのが近くに来ると「やばいやばい」とか言ってルアーを引っ込めてました。来たらまた20分以上働かなきゃいけないんだから楽しさを通り越しちゃいます。Tomyは90センチぐらいの適当なやつを狙って数稼ぎに励んでました。

こんなのが毎週続いたら破産しちゃいますね。でも、これは麻薬なんです。マヒマヒ・ドルフィンの禁断症状は強烈! 貯金をおろしてでも毎週行ってしまうでしょう。そうそう、麦わらオジサンもロケッツと一緒にフィーバーしてました。顔は真っ白でしたけど…