We Love Steely

芦ノ湖のトローリング

ニジマス40センチこの写真は朝の9時過ぎかな? 雨はたいしたことなかったのですが、朝方は北東風が強くて参りました。

この魚は Kenya さんが流していたフライで釣れたものですが、11月の狙いどころは表層か水深16メートル付近だと思います。

表層には放流したてのマスが多いけど、深いタナには放流後6カ月以上のベテランマスが多いのです。

6カ月以上湖で生きているマスは身が締まって美味しいので、できれば深いタナを狙いましょう。

10月半ばからは60センチ級も放流していますが、口を使わないので、なかなか釣れません。この日釣れたのは25〜40センチが合計6匹。うち4匹が表層のハーリングでした。(デカイのも表層にいるんだけどね)

禁漁まであと3週間。残りの3週間はフライキャスティングとハーリングが一番楽しめます。フライキャスティングのポイントは湖尻側なら伊豆箱根遊覧船桟橋付近飯塚沖椿ノ鼻、それと岡本食堂の桟橋付近です。水深にはあまり気を使わなくてもいいでしょう。湖のど真ん中を回遊しているやつも表層で釣れました。

普通は水深が深くなるほど徐々に水温が下がっていくものなのですが、今の時期は表層から水深15メートルまで、水温の差が1度もないのです。今日の表水温は14.8度から15.3度でしたが、おそらく水深15メートルでも水温は14度ぐらいあると思います。

15メートルと16メートルの間にサーモクラインがあり、水深17メートルでは水温が急激に下がって、だいたい10度ぐらいになっているのです。温かい水と冷たい水が断層になっているんですね。こういうときはタナ合わせが難しく、トローリングで狙うとすれば、表層もしくはキッチリ16メートル付近(断層の境)を流さなければなりません。

トローリング以外の方は表層を狙ってください。16メートルをキッチリ流すのはトローリングでも難しいことです。それから、時間帯はやはり午前中がいいでしょう。昼を過ぎて3時過ぎまではほとんど釣れません。午後も粘るなら12時から3時頃まで車の中で寝たほうがいいですね。

なんで Mac なのか

2人は12時で一旦飯にして、午後も頑張ろうかと思っていました。でも、食事しながら話をしていたら、いつの間にか2時間も経過していたのです。話の方が面白かったので午後は結局釣りをやめてしまいました。

どんな話をしたかというと、スティールヘッドとコンピューターの話です。スティールヘッドの話は【カナダ釣り紀行】に詳しく書くのでそちらを読んでください。

ここではコンピューターの話についてちょっと書いておきます。Tomy は Mac 派ですが、“なぜ Windows が好きになれないか”ということを話したんですよ。1年前からは仕方なく Windows も使うことがあるんですけどね。

まず、Windows の問題はフロッピーの扱いです。なんでフロッピーを入れてもデスクトップにフロッピーアイコンが出ないのでしょう? 例えばデスクトップに書類があり、それをフロッピーにコピーしたいとします。

Mac の場合はフロッピーを入れて書類をデスクトップのフロッピーアイコンに重ねるだけ。誰でもマニュアルを読まずにコピーすることができます。

ところがですね、Windows だとフロッピーを入れてもマイコンピューターとかいうところを開けないとフロッピーが見えないわけです。これがまず不親切だと思いませんか? どうすればフロッピーに書類をコピーできるかというと…

まずフロッピーを入れる。書類をシングルクリックして選択し、今度は右クリック。さらにそのままドラッグして“送る”というところまで右クリックは押しっぱなし。さらにフロッピーディスクというところまでドラッグして右クリックを離す。

こんなことマニュアルを読まずにすぐできますか? Tomy は1年も掛かりました。最近釣り日誌に良く登場する腹Timerさんも Tomy にこの話を聞くまでマイコンピューターを開いてコピーしていたそうです。もちろん Tomy も1年間その忌々しい作業をやっていたんですよ。

Windows を使い慣れている人にとっては何でもないことでしょう。だけど、文章にしてみると、その複雑さが浮き彫りになるのです。知らなきゃできないことが多すぎるんですよね。

あと、フロッピーを入れたままシステム終了ができるというのもオバカです。Windows しか使ったことがない人はそう感じないかもしれませんが、これは明らかに Mac より劣っていることだと思います。

だって、フロッピーを入れたまま終了すると、次に起動したときに“Windows がないから起動できません”というメッセージが出るんですよ。これはバカとしか言い様がありません。Mac なら終了するときにフロッピーを吐き出してくれるのです。

だいたい起動したときにフロッピーを探す、あの間抜けな音、何とかならないんでしょうか?

ブーブー ピッ パタタ…

皆さんのマシンはちょっと違うかもしれませんが、Tomy のノートパソコンはそういう音がするんです。これが嫌いなんですよね。そして意味もなく青空に窓が浮かんでる。あのセンスのない絵が出てくる。変えたくても変え方がわかんないから未だに青空です。

たまりませんよぉー、Internet Explorer をゴミ箱に捨てただけなのに、2度と起動しなくなるしさ…。おせっかいにも程があると思いません? 使わないものを捨てたいだけなのに・・・

これ以上書くと“ミャー黒命”の人達に嫌われるので書くのをやめますが、「もっとやれー!」と言われれば、いくらでも書けます。Windows のいいところはソフトが安いことぐらいでしょう。もう、マシンの価格差は、ほとんどありません。