サビキでガガガ

八方尾根の夏

アルペンライン料金表

1999年8月6日

1日おいて8月6日は八方尾根スキー場に出かけた。今日は6人乗りゴンドラリフト“アダム”と2つのクワッドリフトを乗り継いで、標高1,900メートルまで一気に登り、天然のクーラーを味わおうという作戦である。

冬ならアダムに10回近く乗ったことがあるのだが、夏に乗るのは今回が初めてだ。しばらくスキーをやっていないのだが、長野オリンピックのおかげで白馬村はいろいろなところが変わっていた。

まず、道路が劇的に良くなった。この日は長野から白馬に続くオリンピック道路を通ったのだが、この道ができたおかげで以前ほどの渋滞は考えられない。関越自動車道も更埴で長野道につながったから、中央道だけが混むことはなくなったのだ。(関越は以前よりひどくなるかもしれないけど)

それから、ジャンプ台ができて、アダムの上に2機のクワッドリフトができたのも大きな変化だった。だいぶ前だが、第1ケルン行きのリフトは確かひとり乗りだったと思う。(もう10年以上前)

アダム(QuickTime Object Movie)

隣の Hakuba 47というゲレンデも以前はなかった。上から見ると八方ほどの斜度はないが、ここも面白そうなコースだ。もう、アダムに乗るだけで1時間半も待たなくて済むに違いない。(今から15年ほど前は八方尾根にあまりにも人が集中するのでゴンドラ1時間半待ちなんてことがあった)

今年の冬は久しぶりに白馬にスキーをしに来ようかな? ただの釣りバカでないことをここらで証明しないければ! うーむ、そうなると、また何度も信越に足を運ばねばならない。木崎湖のトローリングとワカサギ釣りも楽しいからね。

黒菱ゲレンデ

さて、上の写真だが、ここは標高1,680メートルの黒菱ゲレンデというところだ。長野オリンピッ女子滑降のスタート地点から撮ったのだが、かなりしびれる斜面でしょ。Tomy はここで何十回も転んだから“コロビシ”と呼んでいるんだ。

キミも今度のスキーシーズンには、この斜面に挑戦してみてはいかがかな? 今年は久々のラニーニャで厳しい冬が予想されるから、スキーをやったことがない人は今年からはじめるといい。せっかく良い道ができたのだから、利用しないと長野の人達が可哀想でしょ。だいぶ税金をつぎ込んだからね。少しはお金を長野県に落としてあげねばいかんよ。

そうだ! 冬になったらスキーツアーを1回やろう。姫川港の釣りや木崎湖の釣りと組み合わせれば釣りバカの皆さんも行く気になるでしょ。 日本経済活性化のために冬も盛大に遊ぼう!