安物買うか、藤原紀香?

沼津の投げ釣りポイント図

1/7ページ

1999年8月28日

3週連続で沼津へ行くことになった。同行者は茅ケ崎の Yos さんである。ふたりを乗せたレガシーは、西湘バイパス、箱根新道を経由して夜中の12時頃、沼津市内に到着。茅ケ崎からの所要時間は、およそ1時間20分だった。道路代は500円なので、東名(厚木→沼津)の1,900円より1,400円も安い。節約したお金でエサが買える。

それではまず、ポイントの地図を出そう。リンクを右クリックして「リンクを新しいウィンドウで開く」を選べば、地図を出しっぱなしにできる。

ポイント図

ポイント図に示した「西間門」という交差点から380号線を1分ほど西に向かうとローソンが右側にある。エサ屋はその隣に「カタハマ」という、カタハマじいちゃんの店があるが、ここは営業時間が朝の5時から夕方の5時ぐらいまでなので、夜釣りのときは予めエサを買っておかなければならない。

この日、Tomy は厚木のキャスティングで青イソメを2パック仕入れていたので、エサは大丈夫だ。ふたりはまず、ローソンでチューハイ、アスパラドリンク、弁当など、自分のエサを仕入れることにした。

最初に入ったポイントは放水口のコンクリート上で、ポイント図で示した1番のところだった。今夜は満月なので竿先にぎょぎょライトをつける必要がないぐらい明るい。

それでは、ここで Tomy の道具を見てみよう。

これが、現在の持ち物だ。先週までリールはステラ5000を使っていたが、新しく POWER AERO 6000 を買った。ライン抵抗がだいぶ減った分、このあいだよりは遠投できるだろう。近場はゴンズイの巣窟なので、少しでも飛距離を稼がねばならない。

その他の仕掛け

サーフトローリングのことをもっと知りたければ下のページを参考に。

早起きは三文の得! 釣果抜群のサーフトローリング(D社のページより)