強力助っ人 ヘタジグニン

城ケ島沖のパヤオ

8時ちょっと前、Bumblebee号は城ケ島沖のパヤオに到着しました。船が遅いので、パヤオが見えてからが相当長かったです。すでに釣り船が3隻ほどカッタクリをやっているようですが、魚がボンボン上がるシーンは見られませんでした。

でも、パヤオに近づいてみるとペンペンが跳び回っています。ヘタジグニンTomyは、まず60gのジグでパヤオを狙い、さらに近づいたところでアイルマグネットにチェンジ。高速オヤジ巻きを繰り返しました。

でも来ません。ここにいるシイラは相当スレているようです。追ってくるのは見えるのですが、食わずにUターンの連続。

『そろそろ邪悪ベイトの出番か?』

Tomyがそう思った直後、「ヒット!」の声が上がりました。クルーのひとりがジギングでペンペンをヒットさせたのです。ヒットジグはLa Festa、青の1オンス。少し沈めてから巻いたのが良かったのでしょう。Tomyも邪悪ベイトをやめてジギングに切り換えました。

「ヒット!」

今度はTakさんのロッドに小型のカツオが来ました。750gのチビカツオですが、メーターオーバーのシイラに勝る2ポイントの獲得となります。ヘタジグニンとしても助っ人の意地を見せなければなりません。

Viva Parade 2oz

『2オンスぐらいのジグ、2オンスぐらい・・・』

ルアーケースを探っていたら、ご覧のジグが出てきました。樹脂でコーティングされたMariaのViva Paradeです。確かフッコのジギング用に買ったのに、肝心のフッコが釣れず、今までの実績は外道のアイナメ2匹だけでした。アクションが単純なので、シイラには使ったことがありません。

『とりあえずピンクを試そう』

パヤオの周りは潮が速いので、潮上に思いきりキャストします。それを40カウントぐらい沈め、あとは技術以前の高速オヤジ巻き。New STELLA 5000のハンドルを目一杯巻くのです。

「ヒット!」

水深15メートルぐらいでヒットしたようです。1キロちょっとのカツオが寄ってきました。2度ほどドラグを逆転させましたが無事にランディング。まずは2点ゲット。

そして2本目は連続ヒット。本当にアッという間の出来事でした。

「なんか簡単に釣るねぇ」

「ちょっとは貢献できましたね」 (∩⊥∩!

「いやぁ〜、いい人に来てもらったよ」

*

あとで考えてみるとルアーの選択がラッキーだったと思います。カツオには、あまりイレギュラーなアクションをしないジグがいいようですね。Skill Jigなんかもほとんどアクションしないじゃないですか。

うん、たぶん・・・そーゆーことなんでしょう。安いジグなのでViva Paradeもタックルボックスに忍ばせるといいと思います。

カツオ

その後しばらくは釣れませんでしたが、釣り船が20隻ほど集まってきました。群は近くにいるようです。船が遅いのでここで待つしかないでしょう。Tomyはまったく同じ方法を繰り返しました。そして・・・

「ヒットォ〜!」

今度のはちょっといい引きでした。ヒット直後に反転して15メートルもドラグを逆転させたのです。さっきドラグをギリギリまで締め込んだんですけどね。

2度3度の走りに耐えてランディングしたのは1.5キロほどのメジマグロでした。久々のファイトらしいファイトでしたよ。メジはやっぱり一味違う引きをしてくれます。