遊びの鉄人

今回の目的

まず、「秋の味覚ワカサギ」をたくさん釣ることが第一の目的です。そして、第二の目的がワカサギ釣りを邪魔しに来るスモールマウスを釣り上げて食ってしまうこと。(スモールマウスバスの駆除)

前回スモールを釣ったときはハクセイにしましたが、今回は「スモールマウスバスは美味しい」という噂を確かめるわけです。

さらに、来るたびに釣っているキザキマスを今回も仕留められれば言うことなし。ワカサギがメインなので時間的には苦しいのですが、コイツを釣らないと木崎湖に来た気がしません。

さて、この日借りたボートですが、4人乗りの大型で、レンタル料金は8000円でした。パピルスには様々なタイプのボートがあって、自分が持っているエレキのタイプをオジサンに言っておけば、エレキ取り付け用のアタッチメントを前日のうちにセットしてくれるというサービスがあります。

パピルスオジサンは本当に親切ですよ。ボート屋の鏡です。皆さんも是非、木崎湖に通ってバスの駆除に努めてください。リリースする必要はサラサラありません。ここのスモールマウスバスを食べてみれば、言っていることの意味がわかるでしょう。リリースするなんて、フォアグラをネコのエサにするようなものです。

*

ワカサギ釣りのコツですが、ワカサギは底にちょっとした変化があるところに溜まる傾向があります。魚探で慎重に底を観察し、周りからほんの10センチでも窪んでいるところを探しましょう。底に変化がない所だと群が通りすぎるのが早くなってしまいます。

そして、いい場所を見つけたら、アンカーを前後に入れてボートが回らないようにしっかり固定しましょう。大型のモーターボートならはじめから前後にアンカーが付いています。群が散ったら片方のアンカーをチョコッと上げて底の泥を舞い上がらせてください。ワカサギはプランクトンを食べているので誘いになります。

それから、仕掛けによって釣果に大差がつくことがありますので、少々高いですがGamakatsuの仕掛けを使ってください。他社の仕掛けは安いですが、ワカサギが掛かるとハリスが縮れやすく、長持ちしないので結果的に損します。

オカラさんスモールを釣る

Gamakatsuの仕掛けならこれぐらいのバスは楽勝! 特に秋田狐の3号なら簡単に上げることができます。ハリが丈夫だし、ハリスも高級なものを使っているんですね。バスがちょっかいを出してくる場所では秋田狐を使いましょう。

細地袖の方がスレ掛かりしやすいのでワカサギをより多く釣ることができますが、大型の魚が来るとハリを伸ばされやすくなります。木崎湖でのオススメは秋田狐3号14本バリ。これで決まりでしょう。

ボイスメモでカーズは「仕掛けがいいんでしょう」なんて言っていましたが、これは本当です。Gamakatsu 芦ノ湖スペシャルという仕掛けは全長が1メートル、幹糸0.4号、ハリス0.3号、すべて極細地の金袖バリが付いている仕掛けですが、ワカサギオンリーならこの仕掛けが絶対オススメです。

ワカサギがスゥーッと通り過ぎただけで7点、8点掛かりが当たり前なんですね。その理由は・・・全長が短く、張りのある高級ハリスを使っていること。それから非常に食いのいい極細地の金袖を使っているためだと思います。

Gamakatsu 芦ノ湖スペシャル¥500
芦ノ湖のバイオレットで販売中・・・φ(`⊥´)