スモールマウスをやっつけろ!

遊びの鉄人

スモールマウスバス35センチ

こいつは悪いやつで、せっかく釣ったワカサギをネコババしようとしたんですよね。ワカサギが何匹か掛かった感触があったので、巻き上げている最中に来たんです。

中層まで上げてきたとき、突然反転食いしたんですよ。3度ほど激しい突っ込みをしましたが、Gamakatsuのおかげでキャッチに成功しました。掛かったハリは口に1点、胸びれに1点、腹に1点の3点でしたが、このように複数のハリが掛かればたいていキャッチできます。

去年カーズが40センチを釣ったときは7点掛かりでがんじがらめ状態でした。その時はすごかったですよ。5分近く暴れてから浮いてきたので、くたばったかと思ったらとんでもない。水面から50センチ以上の高さまで舞い上がったのです。

このときの模様は去年の釣り日誌【木崎湖攻略】に詳しく書いたので、あとでもう一度ご覧ください。

スモールマウスバスは木崎湖にかなりいます。秋はワカサギの群を追いかけ回しているのでチャンスですよ。魚探とエレキを持っている人は是非、駆除をお願いします。ワカサギが掛かった瞬間の“プルプルッ”をうまく演出できる人なら、ワームでも釣れるでしょう。

また、浮き上がるワカサギにも敏感に反応するのでジギングやバイブレーションも有効だと思います。ホプキンスなどのジグにアウトバーブのトリプルかスウィミングフックをつけてみてください。触っただけでフッキングさせることが重要です。

ポイントの見つけ方は当然ワカサギがいる場所を見つけること。その付近にバスがいると見てほとんど間違いないでしょう。

スモールマウスは必ず Catch & Eat・・・φ(`⊥´)