これからの芦ノ湖

ワカサギ復活

ここ2年ほど、芦ノ湖のワカサギ釣りは不調でした。一昨年は数が激減してどうしようもなかったし、去年は高水温でワカサギの接岸が11月半ばまでずれ込んでしまいました。

そして今年、9月は過去最高の気温を記録するほどの残暑。10月に入ってからも、おとといまでは夏のような暑さでした。ワカサギは漁協の努力で確実に増えているのですが、高水温が続いているうちは群が小さくて数が釣れません。

この日も朝の気温が17.3℃、表水温が19.7℃ですからね。とても10月半ばとは思えない温度です。例年だと桟橋の目の前、水深12メートルぐらいが好ポイントになるのですが、今は観光船の航路上、水深18から20メートルまで行かないとまともな群を捕らえることができないでしょう。

しかし、悪いことばかりでもありませんよ。高水温と前年の不調のおかげで大きなワカサギが釣れるんです。

腹Timerさん

腹Timerさん

1ヶ月前は5センチにも満たない小物ばかりだったものが、今は小さいものでも6センチ。しかも、前年生まれた10センチ以上の2年魚が1割程度混じりました。水温が下がれば数も釣れますから今年の11月は大フィーバー間違いなしでしょう。

KEN坊

KEN 坊

KEN坊なんか諏訪湖がすぐそばの岡谷市からわざわざ来たのです。実にもったいない話ですが、地元の人は諏訪湖のワカサギを食べないんですって。釣り場を汚すのがどれだけ悪いことか、これでわかったでしょ。

今のところ芦ノ湖のワカサギは毎年10月1日に天皇に献上されるほどの極上品なので安心して食べられますが、それだっていつまで続くかわかりません。環境問題を論じるなら、まずは自分から。小さなゴミひとつも、やがては自分に跳ね返ってくるのです。

さて、それでは最後に釣果を発表しましょう。

お聞きいただいたように全員100 匹以上釣れたのですが、そのうち1割程度が10センチ以上の良型でした。Tomyが釣った138 匹のうち12 匹が10センチオーバーで、総重量は325グラムです。これから行く皆さんはエサも念のために用意してください。空バリでも釣れますが、大物にはエサが有効です。

釣り場をキレイに! (`⊥´)/