アリリ? EARLY TIMES

昔語り

3ページ目(全4ページ):最初のページ

2000年1月7日

「中学2年から高校1年まではヘラブナ釣りにハマってたんですよね・・・実は・・・今はもう、ヘラブナ釣りをやりたいとは思いませんけど・・・食べられませんかね」

「よく行っていたのは・・・目黒区の碑文谷池と新丸子の東横水郷です。僕は・・・新宿区に住んでいたんですが、釣り友達が世田谷の住人だったんで、東急線に乗って、毎週行ってたんです」

「碑文谷池公園というのは、学芸大学前という駅で降りるとすぐでした。小さい池なんですが・・・柵に竿受けを簡単に付けられるので便利でしたね。今でもヘラブナ釣りはできるのだろうか? バシャバシャおやじは今でも毎週来るのだろうか?」

「バシャバシャおやじっちゅうのはね・・・僕らが勝手にそう呼んでいたおやじなんです。ヘラブナ釣りって竿先を水中に突っ込んでおくんですけど・・・そのおやじはアワセが派手で、いっつもバシャバシャやってたわけですよ」

「多分あれは、周りの注目を集めたかったんでしょう。たくさん釣ってましたけど・・・迷惑なおやじでしたね。僕がいつも行くバイオレットの植松さんなんか、アワセたときに、ほとんど音がしません・・・ヘラブナに興味がある人は、平日に行って植松さんに習うといいです。植松さんが毎日釣っているから、桟橋の周りにはヘラブナがいつもいますよ。かなり魚影は濃いです」

「まあ、ASHINOKO ONLINE を読んでいる人の中にはヘラブナをやる人・・・ほとんどいないでしょうけど・・・芦ノ湖も、なかなかいいヘラブナ釣り場だということを知っておいてください」

「ああ、それから東横水郷ね。今は池がひとつだけになって、ヘラブナ釣り堀になってるらしいけど、昔は池がたくさんあって、自然に近い環境でした。ベルディーのホームグラウンド、等々力のそばですよ。ヘラブナの他には大きな野鯉がいて、ときどき糸を切られてました。入漁料は・・・200円ぐらいだったかな? 釣りをしていると、管理人が集めに来ましたね」

「その後、しばらくヘラブナ釣りをしていなかったけど・・・大学に入ってから、また少しだけやりました。津久井湖で夜釣りをやってみたんですけどね・・・津久井湖は大物が釣れるんです。40オーバーが多いから取り込みが難しいの」

「拝み取りって言ってね・・・竿尻を両手で持って、立ち上がるんですよ。そして・・・体全体を竿の延長にして必死に絶えしのぐワケです・・・沖に走られないように・・・面白いですよ」

「昼間は渋いアタリが多いけど・・・夜は電気ウキが消し込むようなアタリがけっこうあるんです。スレも多いですけどね。あれはバスなんか問題じゃないぐらい引きますよ・・・バスの40オーバーは少ないけど、ヘラなら簡単に40オーバーを釣れるでしょう。ワームでネチネチやってるよりは、よっぽど面白いと思います・・・ウキが動きますから」


NEXT