第十堰って何だろう?

吉野川第十堰問題

1/9ページ

2000年1月28日

伊豆へアオリイカを釣りに行ったのだが、今回どこへ行ったかは秘密である。そこは2、3人がせいぜいの狭いポイントなのだ。2、3人でいっぱいになるところをインターネットで紹介するのは、あまりにもキケンである。E-mail で教えてもらった場所だから、教えてくれた人に迷惑がかからないとも限らない。

それにしても、最近は釣りをしている時間より行き帰りの時間が長くなって困る。今回行った場所も往復5時間以上かかった。そこで、行き帰りの時間に考えたことを今回も書いてみよう。

今回考えたのは吉野川第十堰のことである。これは国が推進する巨大プロジェクトに住民運動が歯止めをかけられるか否かという問題だ。河川工事に呆れ果て、とうとう渓流釣りから足を洗った Tomy にとっては非常に興味深い。

文中、建設推進派の言い分は書き換えずに引用する。文句があればすぐに削除するが、書き換えていないので文句はないだろう。なお、反対派の意見は参考に留め、事実のみ引用、画像はすべてオリジナルである。

源流から河口まで

四国で一番キレイな川は四万十川がだと思っていたが、間違っていたようだ。今回、いろいろなページを見たが、ポカリスエットが鳴門市の工場で作られていることや、吉野川のスズキが河口から15キロも上流にいることがわかった。

第十堰の歴史

もともと吉野川の本流は現在の旧吉野川だった。堤防のなかった昔の吉野川は大変な暴れ川で四国三郎と呼ばれていた。

江戸時代と現在の吉野川(FLASH)

その後