あっぱれ千社札

木負堤防のアオリイカ釣り

2000年2月18日

2月に入ってから寒さが厳しくなりましたが、皆さん元気でお過ごしですか? 寒いときは、てっちりとか、鴨なべでもつついてみたいっすね。誰かおごってくれる人いないかな? 景気がいい人は、おごってちょうだい。

オカラさんバブル全盛期は Tomy も何度か食べたんですが、特に河豚と鴨には感動しました。『日本人で良かったなぁ』としみじみ思いましたよ。やっぱり冬は美味しいものを食べるのが一番でしょう。釣りに行っても風邪をひいて帰ってくるのがオチですから・・・

でも、来週から芦ノ湖が解禁になるし、明日は満月。アオリイカを釣りに行くなら、今週が当面最後のチャンスでしょう。幸い風が弱かったので、Tomy はチャットで親しくしているオカラさんを誘って、沼津の木負堤防に行きました。

途中で寄った沼津の釣具屋で、「最近あまり釣れていません」という話を聞きましたが、条件は整っています。明日が満月の大潮、沼津の満潮は午後4時半頃、しかも風向きは木負堤防にちょうど良い東風でした。

「寒いのさえ我慢すれば、今日は釣れそうだよ」

「ジギングは飽きねぇけど、イカ釣りは飽きる」

「まあそう言わず、3時間ぐらいやってみよう」

ふたりは6時頃から釣りはじめたのですが、7時頃、エサ釣りの人が立て続けにアオリイカを上げはじめました。Tomy 達エギング組は、なかなか釣れませんでしたが、7時過ぎに、まずオカラさんがイイダコをキャッチ! その後もエサ釣り組はボチボチ釣っていました。

そして7時半

久々のアオリイカ

酒入ってます

Tomy がやりました。久々のアオリイカはピッタリ1キロのなかなかサイズ。エギはオレンジの YAMASHITA 3本毛付き4号でした。前回1.2キロを釣ったときもオレンジが良かったので、木負堤防ではオレンジがオススメカラーですね。使うときは、オモリの前の方を削って海底に引っ掛かりにくくしてください。

今回のヒットパターンは50メートルぐらいの遠投、その後1分以上待って十分にラインを沈めてから最初のシャクリ、5回ほどリールを素早く巻いて次のシャクリというパターンでした。迷ったときはこの方法を試してください。エギを止めるより、常に動かしている方が釣れるようです。

この釣りをはじめて間もないころは、かなりゆっくりリールを巻いていたのですが、イカは人間が思っているより、ずっと素早いんです。スズキのミノーイングと同じような引き方でも乗ってきますからね。

前回なんか、エギが手前まできたので、巻くスピードを上げた途端に来ました。まるで中層で根掛かりしたような感覚です。『あれっ? アンカーロープでも引っ掛けたかな?』と思いました。まさかあんなスピードで乗ってくるとは・・・

それほど素早いってことです。ホントに、『まさか・・・』と思うようなスピードが功を奏すことがあるんですよ。ゆっくりズルズルしかやっていない皆さんは、騙されたと思って、もっと早く巻いてみてください。

9時過ぎ

潮が引いたので今回の釣りは早めに終了しました。次の満ち潮を待っていられるような寒さじゃなかったのです。それに、やりたいことが山ほどあるもんで・・・

実は、東名高速の足柄サービスエリアに面白いものがあるんですよ。

あっぱれ千社札

あっぱれ千社札

最近、Flash で千社札 Maker というゲームを作りはじめたのですが、そのきっかけになったのは、足柄サービスエリア上り線にある「あっぱれ千社札」だったのです。これは自分の名前を千社札に打ち込んだり、気に入ったイラストを貼り込んだりできるシール製造機ですが、前回これを見たときに『これを Flash で作ったら面白そうだなぁ・・・』と思ったわけです。

作品はこちらにありますので、帰りにお試しください。


INDEX