HANABI

外道一直線

3ページ目(全5ページ):最初のページ

2000年5月19日

立ち入り禁止の看板これはラッキーと言うべきなんでしょう。おかげでアオリイカ釣りの方は散々でしたが、面白いものを見せてもらいました。

下田港は三方を山に囲まれているので、音響効果がいいんですよ。それに、見ていた場所もベストポジションだったと思います。花火もバラエティーに富んでいて、見ごたえがありました。

右の写真は犬走島堤防の入口にあった立札ですが、釣人なら「立入禁止」の立札を見慣れていますからね。まさか、花火大会だとは思ってもみませんでした。その証拠に、いつも金曜の晩に来るナマコおばちゃん達も釣りをはじめていましたよ。

ナマコおばちゃんは、いつも旦那さんと一緒に来るのですが、干潮になると堤防の際を覗き込んで、ひらすらナマコを探し回る変なおばちゃんです。アオリイカ釣りは旦那に任せて、おばちゃんは堤防を何往復もするんですよね。前回来たときは、おばちゃんがそばに来たとき Tomy の竿がボッキリ折れておばちゃんも驚いてました。だから、ナマコおばちゃんと Tomy は顔見知りなんです。へへへ・・・

それでは Tomy 達が花火見物をした福浦堤防を御案内しましょう。この日は強い東北東の風が吹いていたのですが、福浦堤防ではちょうど真後ろからの風になってエギがよく飛びました。犬走島堤防の方は、ちょうど東北東の方向が風の通り道になっているんですよね。だから、東風が強いときは福浦堤防に行った方がいいと思います。こちらの堤防でも大きいのが上がるそうですよ。

まず、須崎方面に曲がったら、1キロほど進み、坂を上りきった辺りで右側に注意してください。「下田市下水道・・・」とかいう看板があるところを右折して、1分ほど坂を下ると鉄のゲートがあります。その前に車を停めて、4分ほど歩けば堤防に到着。この堤防は外海側の堤防の根元がポイントなので、なるべく堤防の根元に近いところに陣取った方が有利らしいです。

下田市福浦港の地図 (Flash)

この日、アオリイカは釣れなかったんですけどね、何か十字架のようなものが流れてきたので、玉網ですくってみたら、ご覧のようなトビウオが捕れました。産卵が終わって弱っていたのか、それとも海鳥に頭を突かれて弱っていたのか、理由はよくわかりませんが、これで何とか獲物確保です!

家に帰って刺し身にしたら、けっこう美味しかったですよ。トビウオのすくい漁ってあるんですよね。夕方、集魚灯に集まってくるトビウオを玉網ですくうのです。まさかアオリイカ釣りですくえるとは思いませんでしたけど・・・

外道中の外道トビウオ


NEXT