10秒チャージ・吉田さん

近未来の釣り

4ページ目(全6ページ):最初のページ

2000年6月10日

じゃあここで、近未来のエレキを使ってみようか・・・

妄想モード突入!

「面舵いっぱい」を英語で Hard starboard と言うのか。反対の「取舵いっぱい」は Hard port ね。要するに船を桟橋につけるときは左側をつけるってことだろう。なるほどなるほど・・・

でも、米国式にもこのエレキは対応しているらしい。Left, Right でもいいって書いてあるね。15度右に曲がりたいときは・・・Right fifteen degrees と言えばいい。そうかそうか、これぐらいの英語なら、なんとかなりそうだ。

全速前進が Full speed ahead 全速後退は Crash back (or stern)・・・おいおい、なんだか難しいぞ。これじゃフットコンの方が簡単じゃん! 日本語パッチは出てないのか?

しょうがないなぁ、さっそく検索しなくっちゃ。おお、あったあった。みんな考えることは同じらしい。こいつをダウンロードして、エレキにインストールしてやればいいわけね。なんとなんと、このエレキは GPS 魚探と接続することもできるらしいぞ。GPS の画面にタッチするだけで、行きたいポイントに自動的に行くみたいだね。顔黒言葉を借りれば「チョーべんり!」って感じかな?

あっ、そうか。「チョーべんり」はもうすでに標準語なんだ。今はもう「とても便利」なんて言葉は死語だもんな。よーし、準備オッケー。

「じゃあ、最初は農具川流れ込みに行ってみよう。GPS の画面を“ポーン”。これでいいわけよね」

「チョイ右ね、チョイ右」

おー! こいつは素晴らしい。障害物をよけたあとは、ちゃんと方向修正するね。使える使える」

「ホントに便利になったなぁ。一昔前に木崎湖に来たときは、フットコンがうまく操れなくて苦労したんだ。あのとき Kenya さんは“足がつりそうだ”なんて言って、手でペダルを押してたもんね」

「ハハハ」

(∩⊥∩)

「よーし、減速だ。左45度、微速前進・・・・よーし、止まれ」

「ボイスコントロールだとキャストに集中できるね」

「おっしゃ! ヒットー!」

「デカイぞこりゃ! 走る走る走るー!」

うわー! お前に言ってんじゃねーよ」

「ったくもう、バレちまったじゃねーか。ボイスコントロールのバカヤロー」

とまあ、こんな感じの釣りも近未来では常識になるだろう。だが、さらにちょっと先の未来では少々話が違ってくる。

バーチャル・フィッシング Play Stage(Flash)

2020年ぐらいになると、ほとんどの湖で魚が釣れなくなっているんだ。そのかわり、オモチャは今より数段進化しているから、「釣り」というと、ご覧のような格好で自宅でやるのが当たり前になる。

ただ釣ればいいってもんじゃない。プレーヤーは釣りを楽しむと同時にワカサギ、マス、バスなどの放流量を調整して湖の生態系を管理しなければならないのだ。つまり、GET BASS と AQUA ZONE を合体させて、さらにバーチャル・リアリティーをミックスしたようなゲームが「未来の釣り」なのである。

このゲームだとバスを大量に放流したあと、1日を10秒に縮めて変化を見るなんてことが可能になるんだ。ためしに今の河口湖の状況を1日/10秒(10秒チャージモード)でシミュレーションしてみると・・・

おそらく1日後には、湖畔に釣り人が誰もいなくなっているだろう。湖底には分厚くヘドロが堆積して、そこら中がドブ臭くなっている。(バーチャ・ヘルメットはニオイも出るのよ)

芦ノ湖で今年からはじまったワーム禁止は少なからず釣り人の減少を招いたけれども、長い目で見ると正しい選択だろう。芦ノ湖漁協の場合は、魚のロスを減らせば、バスを新たに放流しなくても、自然に適量になると判断しているらしい。

そうだ、そう言えばこのあいだ芦ノ湖に行ったとき、同行したカーズはコンニャクを成型してワームを作ったと言っていたな。実際に使ったかどうかは知らないが、味を付ければ釣れるかもしれないね。

ラバージグのスカートのかわりにシラタキを使うのもいいだろう。味を付けたいときは、すき焼きやおでんを作ったときに、シラタキだけ残しておけばいいのだ。

うーん、我ながらナイスなアイデア。すき焼きやおでんの味がしみ込んだシラタキを束ねてシラタキジグを作り、トレーラーには、じっくりオキアミスープで煮込んだコンニャクを付けるなんてのはどうだろうか?

これならフックから外れて魚が誤飲しても害にはならない。芦ノ湖漁協公認で作ったら、みんな買うかもね。真空パックにしてオンライン販売しちゃおうかな? 冗談でお買い物システムを作ったら、注文が来るかもしれない。

すき焼き味・シラタキジグ=2個入り400円。オキアミ味付きコンニャク・ワーム=5本入り350円・・・本当に売れちゃうかもね。

妄想モード終了


NEXT