10秒チャージ・吉田さん

やっぱり狙いはキザキマス

5ページ目(全6ページ):最初のページ

2000年6月10日

変な妄想をしていたら、アッという間に1時間が過ぎてしまった。バスは岸のそばにいるので、今はオカッパリの方が有利かもしれない。ちょっと岸に近づくとオカッパリのやつらがギロッとにらむのである。

「やめやめー! 全然面白くない。キザキマス狙いに切り換えるぞー!」

「待ってました!」

44cmのキザキマス

1時間後、Yos さんが44センチを釣り上げて自己記録更新。その後は小さいのをリリースしながら2時までやったのだが、6人で35センチ以上が10本ぐらい釣れた。右上のやつは何と52.8センチ1.5キロ、その次にデカイのは Tomy が釣った47センチ、約1.2キロだった。

本日の釣果

キザキマスはご覧の通り。去年より型も良くなっているようだ。

これが噂のキザキマス

今日はたくさん釣れたのだが、中でもタケシローさんが釣った52.8センチには全員ビックリだった。まさか50オーバーが釣れるとは思っていなかったのだ。タケシローさん自身もスワンボートが浮かぶ軟弱な環境でこんな大物が釣れるとは思っていなかったらしい。(芦ノ湖もそうだが)

あとで聞いた話では、岐阜のふたりは湖に着いたとき、Tomy を疑っていたようだ。ウルトラウトさんとタケシローさんは普段、岐阜県や富山県のダム湖で釣りをしているので、木崎湖の俗っぽい環境に馴染めなかったのだろう


NEXT