森ソーリ vs 出目金マン

生ビールのち爆睡

3/3ページ:最初のページ

2000年6月24日

「それじゃ、ゆーぷる木崎湖でビールでも飲みましょう」

4人はパピルスから200メートルほど移動して、まずは生ビールで乾杯。Tomy は温泉入浴〔600円)とセットで1,580円の“ゆーぷるセット”を注文してみました。

ゆーぷるセット

「Alfa Romeo ってカッコイイね。あれはいくら?」

「450万ぐらいです」

「お金持ちになったら買わせていただきます」

(`⊥´!

「でも、ドイツ車に比べたらお買い得ですよ」

「うーん、ベンツよりは Alfa Romeo の方が断然オシャレだな。・・・でも、イタリアのクルマって雨に弱いとか言うじゃない」

「それは昔の話ですよ。ドイツ車と故障の回数は変わりません。みなさんイタリアと言うと雨が少ないと思っているようですが、ミラノなんか冬は毎日雨か霧ですからね」

「へぇー!」

「イタリアは日本の本州と緯度的には変わらないんですが、地軸の関係で夏と冬の差が激しいんです。冬のミラノなんか、2時か3時には暗くなりますよ」

「あ、そーなの?」

「北と南じゃ気候も違えば食習慣も違うんです。私の上司は北の方の人ですが、つい最近までピザを見たことがなかったんですって」

「え? ピザを?」

「ホントですよ。北の人はピザをほとんど食べないらしいです」

「タコやイカは食べるんだよね」

「ええ、タコ、イカ、生魚はまったく平気ですね。カルパッチョは刺し身をオリーブオイルで食べるようなものです」

「じゃあ、日本人とあまり変わらないね。麺類も好きだし」

「そうそう、体格もアングロサクソンと違ってあまり大きくないです。だから、イタリアで服を買っても袖を詰める必要はありません。イタリアの服とか靴は安くていいですよ」

「クルマもコンパクトで日本のと変わらないしね」

「ヨーロッパではフォルクスワーゲンより Fiat の方が多いんです。日本人はドイツ車が好きだけど・・・」

Alfa Romeo Official Site

アルファ・ロメオっていいですよー! ベンツなんか乗りたくないけど、これは乗ってみたいクルマですね。156 は一見2ドアクーペに見えるけど、実は4ドアセダンなんです。エンブレムをクリックしてみてください。うしろのドアノブは2枚目のイラストで説明すると、うしろ窓の後端に隠されているんですよ。(ここがカッコイイ!)

ちょっとだけ乗せてもらったのですが、コックピットの座り心地はゴージャスそのもの。スピードメーターは200キロのはるか上まで刻まれ、計器類はすべて丸形のスポーツカー仕様、ステアリングやシートは全部本革で、合成樹脂特有のイヤなニオイはまったくありません。

羊の皮をかぶった狼・・・まさにそんな感じがするクルマですね。逆三角形のフロントグリルも個性を主張したい人にはピッタリでしょう。やっぱりイタリア人のデザインセンスは抜群だと思いました。

さて、そのあとですが、Tomy 達は温泉につかって休憩室でグッスリ夜まで眠りました。


ぐりぐりドラッグしてみてね。

キザキマスは釣れたし、温泉に入って疲れもとれたし、最後は e-村さんに ABARTH のキーホルダーや Alfa Romeo のバッグまでもらっちゃいました。行きは土砂降りでどうなることかと心配したけど、木崎湖に来てよかったです。

『ASHINOKO ONLINE を書いてて、本当に良かった』

久々に今日は報われた気がしました。


INDEX