アイドル大集合

ドルフィンピック

3ページ目(全3ページ):最初のページ

2000年7月29日

結局最初の2時間で勝負はついたわね。下の写真で1番大きいのが岸さん、そして2番目は、とみさかが釣ったシイラ。ペンペンは無数に釣れたけど、比較的大きいのは最初だけだったの。

わたしたちが釣ったシイラ

わたしたちが釣ったシイラ

岸さんが釣ったシイラはトビペンを遠投したら着水直後に来たんだって。それから、とみさかが釣ったシイラは、ima(アイマ)を浮き藻の際に投げてトゥイッチしてたら飛び出してきたわ。

その後も ima は絶好調で驚いちゃった。着水直後に左の方から70センチぐらいのやつが飛んできたのよ。本当に飛んできたの。ピョーン、ピョーンって2回ジャンプしてバクッ! きっと細長いシェイプがお気に入りなのね。色はレッドヘッドで胴が銀色のやつ。

あとね、この日は浮き藻があちこちにあったので、マツダイというお魚を何回か見たわ。ちょっとイラストを描いてみたんだけど・・・

マツダイはスモールマウスバスをもっと平べったくしたような形で、硬いウロコに覆われてるの。色はだいたいこんな感じだけど、もっと黒っぽいこともある。見た目がグロテスクでしょ。でも、お刺し身にすると、とっても美味しいんだって。

麗奈さんはミノーでヒットさせたけど、タモ入れするときにバレて泣いてた。口がとても硬いので、ヒットしたらアワセをガンガン入れないとね。泳ぎはノロノロしてるので、ミノーをゆっくりただ巻きすればオッケー。

12時頃だったかな? 庄治郎丸は平塚港の目の前で止まったの。何をするのかと思ったら、ルアー・ワカシの試釣をやれってことらしいわ。本当は8月1日が解禁日なんだけど、私たちはルアー専門の仕立てだからね。

ワカシ・イナダは普通、朝釣るものだけど、今年は数が多いから昼間でも大丈夫みたい。ジグを落とし込んで、“キュルキュルッ、キュルキュルッ、キュルキュルッ”って感じの高速リーリング。あるいは、ちょっと沖目にキャストしてタダ巻き。いろんな方法を試したけど、釣果を上げるコツはジグの色を目まぐるしくチェンジすることだったわ。

8月いっぱいは、ちょっと強めのバスロッドかシーバスのボートロッドで楽しめるから、皆さんも是非、庄治郎丸で遊んでちょうだい。特に8月後半は40センチ級も混じるから、強烈な引きが楽しめるでしょう。ラインはだいたい8ポンドで、取り込み用のリーダーを2メートルほど結べばオッケーよ。

Tシャツ自慢

Tシャツ自慢

さて来週は、年に1度の Battle Dolphin。今回のメンバーも多数参加するお祭りなんだ。豪華な賞品がたくさん用意されるから頑張らなくっちゃ!


INDEX