大島クルーズ

シイラウケについて

2ページ目(全2ページ):最初のページ

2000年8月7日

「いやぁ〜、いい群でしたね」

「今日のお客さんはみんなうまいよ。最初沈んでたけど、トップを引きまくって浮かせたもんな」

「最初からルアーを沈めるとダメってことですね」

「それをやると余計沈んじまうわけよ」

「なるほどなるほど。ところで、今度はどっち方面へ?」

「今日はもう余裕だから大島を越えてカツオを探しに行くぞ!」

「おお! それはラッキー。ドンドン行きましょう」

入道雲がかぶさった大島

大島をスッポリ覆う入道雲

「なんか、かき氷が食べたくなる光景だなぁ」

「大島の向こう側までは行ったことないベ」

「初めてですね。カツオはいるでしょうか?」

「浮き漁礁でも流れてれば、パラダイスだけどな」

「そう言えば、この間流れてましたよね。気になったので、高知のシイラウケについて聞いてみたんですよ」

シイラウケ

「いろんな漂流物があるけど、葉っぱのついてる笹なんか最高だな。必ずと言っていいほどシイラがついてる」

「サメもいいんでしょ?」

「一度巨大なジンベエザメについてる群を見たことがあるけど、ありゃスゴイよ。まず、鳥がたくさんついてて、そのうしろにシイラの群、その下には無数のカツオが泳いでた」

「釣れました?」

「止まらねぇからな。一度狂わせれば爆釣だけど、ルアーじゃ難しいよ。しかし、見てるだけでもスゴイもんだ。鳥の群の真ん中にポッカリ穴が開いてて、その下にジンベエザメが泳いでた」

「マンタなら相模湾で見ましたけど」

「おお、マンタもいるよ。そう考えると相模湾ってスゴイだろ。高知辺りじゃ、青物はアッという間に通り過ぎるけど、相模湾ならパヤオが無くてもある程度足止めできるんだ」

大島を東側から見たパノラマ

大島東岸のパノラマ(クリックで1000×300に拡大)
ちょうどロッドの向こうにフノウの滝がある。

「大島ってなだらかに見えるけど、東岸は断崖絶壁の連続ですね」

「東岸は道も作れない断崖だよ」

「何もありませんね(漂流物が)」

「滅多に来ないところだから、45マイル沖まで行ってみるぞ」

結局カツオの群はまぼろしに終わりましたが、今日はいい旅でした。途中、マッコウクジラも見たし、新島が見えるところまでクルージングしたのです。

刻々と変化する空、夏色の海、遠くに見える島影、外海の大きなうねり。釣りをしに来たのを忘れるほど気分の良いものです。皆さんも是非、平日の天気のいい日にチャレンジしてください。船代が安いと感じますよ。

そうそう、今日は久々に脳内麻薬“マヒマヒ・ドルフィン”が分泌されたみたいです。家に帰ってきたら、くるぶしの辺りが痛みだしました。よく見るとすでにかさぶたができていたので、出血したんでしょう。

でも、家に帰ってくるまで全く気付きませんでした。きっとタモを持って走り回ったときにぶつけたんだと思います。不思議ですね、マヒマヒ・ドルフィン。日頃の憂さも吹っ飛びますよ。

♪シイラが 釣れれーば Feel so nice


INDEX