ワームは相模湾で使え!

小さいながらも楽しいペンペン

2ページ目(全2ページ):最初のページ

2000年8月26日

陸に上がると単なるオヤジですが、海上では堺さんの言うことが絶対です。庄治郎丸はバラの香りに誘われて、単独で西に向かいました。そして・・・

「いるよ、いるよ、いるよー!」

「よーし、ヒットー!」

「ペンペーン」

「こっちもペンペンだぁー」

もうホントにドラクエの世界です。のんびりクルーズを楽しんでいたら、いきなり戦闘モード。襲いかかってくるペンペンの群をちぎっては投げ、ちぎっては投げ。女性チームのひとりが船酔いで戦死しましたが、その他の人は爆釣で、ヒットポイントをたくさん稼ぎました。

「いやぁー、釣れましたね」

「最初はダメかと思っただろ」

「ええ、思いました。ゼンゼン気配がなかったから」

「きょうは西がいいという確信めいたものがあったわけよ」

「ほぉー!」

「たまには外すけどな」

長年海に出ていると、港を出るときに“お告げ”が聞けるようになるラシイです。その後も浮き藻や木材が何度か見つかり、その度にペンペンが釣れました。そこで Tomy は HATTORI 名人の真似をして、アスリートミノー・シンキングの高速トゥイッチを試みました。

しかし、これは大失敗。なぜかというと、このテクニックは硬めの竿でなければできないのです。竿先がやわらかいと、ミノーが横を向くほどのアクションが出せません。そこで、Tomy はワームを取り出しました。1/2オンスのジグヘッドにワームをセットすると、ペンペンが3匹ぐらい群がってきます。もう、ほっといてもパクリですよ。

しばらくクルージングしたあと、突然船が減速しました。

「Tomy 、ここはまだやってないよな」

そこにはコンテナ船から落ちたと思われる、フォークリフト用のパレットのような木片が落ちていました。畳半畳ほどの大きさです。

「まだやってないと思います」

と、そのとき!

「デカイのが左へ行ったぞー!」

ちょうど Tomy 達の前です。久々の大チャンス! Tomy はワームを30メートルほど投げてパレットの際を狙いました。

フォーリング

魚信

ジャンプ!

ロッドティップを海に。そしてラインスラックを素早く巻き取ります。

「けっこういいサイズみたいよ〜!」

しかし、これは85センチほどで2分ほどのファイトに終わりました。ちょっと前の方にお邪魔してランディングしたのですが・・・

「なんだ、Tomy さんだったの?」

「即、リリースね!」

何とも冷たいお言葉。やっぱりメーターを超えないと、相手にしてもらえません。Tomy が使っている竿は12ポンド用のライトアクションなので、85でも歯ごたえがあるんですけどね。

「堺さーん、トリヤマ、トリヤマ!」

ミヨシに乗っていた清野インストラクターの声です。船は轟音をとどろかせながらフルスピードで現場に急行しました。鳥は直線的に魚の群を追っているようです。サバの群だとグルグル輪になって飛ぶのですが、これは違うみたい。

「やったねー! メジだよメジ」

Tomy の投げたワームにメジがヒット。masa田中さんにもメジ、そして清野さんにはカツオが来ました。

Tomy が釣ったチビ・メジは一番下

Tomy が釣ったチビメジは一番下

11時

もう、この時点で Tomy は満足していましたが、クライマックスはこれからでした。無線連絡で大物がいるポイントがわかったのです。現場に着いてみると、5隻ほどのシイラ船がいて、真ん中にブイ付きの漁網が漂っていました。足元を見ると120センチぐらいのシイラが悠々と泳いでいます。

Tomy は最初からワーム。2度ほどキャストして反応がないので、3度目はカウントダウンを長くしてみました。すると・・・

ジャンプ、ジャンプ、ジャ〜ンプ!

ラインが水をかき分けて糸鳴りがしたかと思ったら、Tomy とメータークラスのシイラがつながっていました。Tomy は左舷後方から斜め後ろにキャストしていたのですが、シイラは3連ジャンプでアッという間にミヨシの方へ走り去っていきます。

Ziiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii

“プンッ!”

ほんの一瞬メーターオーバーの引きを味わいました。本当に久しぶりです。フックが弱くて捕れませんでしたが、腕に関係なくワームをフォーリングするだけヒットまでは持ち込めるんですね。皆さんも芦ノ湖で使えなくなったワームを持ってきてはいかがでしょう。ただし、ジグヘッドはソルト用の頑丈なものにしてください。

大沢さん、109センチをキャッチ

ジャジャーン! 今年の Battle Dolphin 優勝者、大沢さんです。同じくワームで掛けたようですが、やっぱり腕の違いでしょう。109センチを見事にキャッチしました。もうシーズンも終盤に入ったので、大きいのは相当スレています。ワームも必携でしょう。

そして最後、隣で釣っていたタロジロー隊員に大物が来ました。

「メーター10ぐらいあるぞ!」(堺船長)

「ワフーだ!」

「サワラだ!」

「あっ!」

近くまではスンナリ来たんですが、サワラだとわかる距離に近づいた瞬間、ヤツは走り出しました。ドラグがキツ過ぎたのか、一瞬でラインブレーク。Tarojiro 隊員の落胆ぶりは書かなくてもわかるでしょう。相模湾では滅多にお目にかかれないサイズでした。

こうして8月26日の釣りは終わりましたが、実は次の日の朝が物凄い爆釣だったそうです。堺さんが前日見つけた漁網を一番乗りで見つけたんですよ。大体の見当は付いていたでしょうが、広い相模湾から畳一畳ほどの漂流物を見つけたのは流石でした。

PS. 暇だったら、釣りが終わったあとで庄治郎丸のパソコンを見てください。インターネット・エクスプローラーに怪しげな“お気に入り”をたくさん入れてるのは堺さんですよ〜!


INDEX