寝坊して Goo!

相模湾のメジ・カツオ

1ページ目(全2ページ)

2000年9月9日

「あれっ? もう4時じゃん!」

どうやら目覚まし時計のセットを間違えたらしい。Tomy は急いで釣具を車に放り込むと、伊勢原から平塚へ爆走した。しかし、相模川河口に着いた5時には、すでにとんでもない数の車が・・・

「シイラ船は満員みたいだね」

「メジ・カツオ船のアタマに乗りなよ」

というわけで、Tomy はシイラを諦めてメジ・カツオ船に乗ることになった。でも、実はこれが大ラッキーだったのだ。たまたま乗った船の“手が良かった”のである。

カッタクリ

ベテランの手さばきはリズミカル(21号船)

ルアーマンは Tomy ともうひとり。あとは見るからに年季の入ったベテランばかりだった。21号船は前日良かった城ケ島沖のポイントに真っ直ぐ向かう。大きくなったトビウオがビュンビュン左右に飛び、ズバッとしぶきを上げて波間に突き刺さった。

6時50分、ポイント到着。ここから城ケ島沖パヤオまでは2キロぐらいだろう。まだ釣り船はまばらで、周りにいる船はおよそ10隻ほどだ。

「じゃあ、はじめてくださ〜い」

Tomy がジグを投入すると、すぐに糸がふけた。

『あれっ? 沈まなくなったぞ』

リールを巻いてみると、いきなりペンペンシイラの一荷釣りだった。(たまげたね、これには)

「上げてくださぁ〜い!」

どうやらペンペンシイラの群に囲まれたようだ。船は少し移動して仕切り直し。コマセが効いてくると、たちまち爆釣モードになった。

城ケ島沖の船団

8時過ぎには巨大な船団が

お隣のルアーマンまずは隣で釣っていたルアーマンに1匹目のメジが来た。けっこういい型で1.3キロぐらいだろう。

「何色で釣れたの?」

「グリーンです」

Tomy はピンクとイワシカラーで空振りしていたのだが、グリーンに替えた途端に2連続ヒット。ジグはバンジーメタルの DEEP TYPE だった。

これは今まで実績のないジグだったが、今回は大活躍だった。その後、何回かジグを替えてみたが、8時までにヒットした4本はすべてこのジグで釣れたのである。

「いやぁ〜、メジを釣ったのは初めてなんですよ」

隣のルアーマンはすでに5本釣って大満足らしい。

「いろいろ使ったけど、ここまではグリーンしかヒットしてないな」

「えっ! 僕もそうですよ」

前日までは天気が悪く、ピンクとブルーがヒットしていたらしいが、天気のいい日はグリーンがいいらしい。


NEXT