カツオマン

サッカーは負けたけど

1ページ目(全2ページ)

2000年9月23日

【日本2(PK 4-5)2米国】(シドニーオリンピック・サッカー)
ベスト4入りをかけて日本は準々決勝で米国と対戦。柳沢と高原のゴールでリードしたが、終了間際に同点 PK を許して試合は延長戦へ。120分間でも決着がつかずに PK 戦となり、日本は MF 中田英寿が外して4-5と敗れた。鼻血を流しながらゴールを守った GK 楢崎の奮闘も虚しく、メキシコ五輪以来のメダル獲得は悪夢の PK でついえた。

トルシエ・ジャパン負けちゃいましたね。

ちょうど釣りから帰ったら試合が始まるところだったんです。もう、眠くて眠くてテレビの前で寝ちゃったんですけど、気がついたら2対2で延長戦を戦っていました。

「あれっ? 楢崎のユニフォームが血だらけじゃん」

『PK 戦になったらマズイな』と思っていたら、案の定、その通りになりました。『中田は外すかも』と思ったのもズバリ的中です。釣りを長年やっていると「第六感」が働くようになるんですよ。釣れた日は特に・・・

朝4時ちょっと過ぎ

Tomy は庄治郎丸に到着しました。ここのところ毎回ミヨシに乗って好成績を上げているので、一番前の席を取るために徹夜したのです。寝たら起きられないのは目に見えていますからね。

「おはよう! 今日もメジ・カツオ?」

シイラ船のインストラクター、清野さんに声を掛けられました。

Flash Name Card 清野

「そうだよ」

「お土産釣ってきてねー」

「まあ何とかなるんじゃない?」

天気とメジ・カツオの関係を見ていると、よほどの悪天候でないかぎり、曇りか雨の日に成績がいいのです。今日は曇りのち雨という予報なので、シイラよりメジ・カツオにチャンスが多いでしょう。

「おはようございます」

本日の隊員、GAKU さんが5時過ぎに到着しました。

「もうひとり連れてきたんですけど、大丈夫ですかね? 初心者ですが・・・」

「大物が来たらキビシイけど、何かしら釣れるでしょ」

GAKU さん達は Mac Fan などの雑誌を
出している出版社に勤めているそうです。

朝6時、21号船は平塚の真沖に向かって出発しました。東の空を見るとオレンジ色の朝焼け、そして西の空はどんよりとした低い雲に覆われています。一緒に出た船はいつの間にか見えなくなり、30分後には太平洋と海鳥だけの世界になりました。

「何もありませんね。鳥も少ないし・・・」

「うーん、そうだねぇ。今は散らばって群を探している状態なんでしょ」

「なかなか群が見つからないのかなぁ?」

「もと船になれば爆釣できるから、最初は単独で群を探すんだよ」

「なるほど・・・」

「ジグの用意は大丈夫かな?」

Skill Jig & Sea Flower

スキルジグとシーフラワー

「こんな感じで、トリプルフックを外した方がいいよ」

「後ろのフックには掛かりませんか?」

「後ろにも掛かるけど、ガンガンしゃくるとリーダーにトリプルフックが絡むだよね」


NEXT