取らぬ鰹の取らん空大将

釣れないときこそ釣り日誌を書こう

1ページ目(全2ページ)

2000年10月7日

午前3時。部屋の灯を消すと青白い光がそこかしこに浮かび上がった。一瞬ドキリとしたが、次の瞬間“ホッ”と胸をなで下ろす。

まず、机の上で光っていたのは蛍光塗料のビンだった。次に、スキャナーの上で光っていたのが蛍光シール。そして、テレビの前で光っていたのが夜光エギで、その隣の箱の中で光っていたのはタチウオ用のジグだった。

『少し整理しなきゃいかんな』

実は少しどころの騒ぎじゃ済まされそうもない。本当はドロボーに部屋をかき回されたぐらいの散乱ぶりなのである。Tomy 以外には何がどこにあるか見当もつかないだろう。それはもう、ドロボーだって戸惑うぐらいの荒らされぶりなんである。

『なんだよ、先客がいたのか!』

ドロボーが入ったとしたら、こう思うに違いない。本人さえ忘れているアイテムが部屋中にゴロゴロしているのだ。まだ残っているのに新しいラインを買うなんてことはしょっちゅうである。

レガシーに乗り、近くのサークルKに寄った。セブン・イレブンやローソンに比べるとマイナーなチェーンだが、ここはちょっと変わっていて、利用価値があるかもしれない。なんでかっつーと、銀行のキャッシュディスペンサーが置いてあるのだ。だから、たとえ土曜の夜中でも金が下ろせてしまう。

♪いつもの よぉ〜に 幕ぅーの うーち♪
♪黒ーい ごまーしおーの おべんとーおー♪

ここで急にクダラナイ歌詞が閃いたが Flash を作っている暇がないから先を急ぐぞ。君らも耳が腐りそうな歌声なんか聞きたくないだろう。以前、♪藻すら♪、♪Aoliman♪という歌を披露したことがあるが、奥さんが妊娠中の人にこんなことを言われたのだ。

「流産したら困るから、ヨメサンには絶対聞かせらんねーぞ」

だから、わざわざ探して聴こうと思わないように。

ちょっと釣りとは関係ない話を続けるが、庄治郎丸の波平専務は FM 湘南ナパサ(78.3)でパーソナリティーを務めている。持ち番組はふたつあり、ひとつは【おはよう元気らじお】。そして、もうひとつは【なつかしのメロディー】という番組で、月曜から金曜まで毎日10分間の放送だ。

今週、たまたま4時20分にクルマの中にいたのでナパサを聴いてみると・・・

こんにちはー、ナパサの波平でーす。今週の【なつかしのメロディー】は八代亜紀特集をお送りしています。それでは聴いていただきましょう、八代亜紀で・・・なみだ恋。

♪よーるーの しんじゅーく うーらどおりぃー♪

それまでロックを聴いていたので、かなりズッコケたのだが、演歌を聴いたらこの人の顔を思い出した。

やっこちゃん

第五庄治郎丸の船長、やっこちゃん

なんかこう、演歌を聴きながら爆走してるトラック野郎という雰囲気があるでしょ。竹ノ内船長(やっこちゃん)は、7月にデカイ新造船に乗り換えて毎日相模湾を爆走しているんだ。慣らし運転なんか多分してないよ。気がつくといつもエンジン全開だもんね。

さて、今日はその第五庄治郎丸に masa田中さん、清野インストラクター、Tomy、Tarojiro の4名が乗り込んで、相模湾のカツオをやっつけようという作戦なんだが・・・


NEXT