AOL i Mode

木負堤防のアオリイカ

1ページ目(全2ページ)

2000年10月21日

当初の予定では、金曜の夜に行くつもりだったアオリイカ釣り。しかし、金曜の夜は土砂降りで土曜の午後に出かけることになった。今回のメンバーはアオリイカ元旦以来の登場となる、なまむぎさんだ。

目的地は沼津の木負堤防。3人は平塚に集合して、午後4時ごろ西湘バイパスで小田原に向かった。いよいよアオリイカの秋シーズンも本格化。ASHINOKO ONLINE(AOL)もこれからは AOL i Mode(アオリ・モード)である。

「最近 ASHINOKO ONLINE って芦ノ湖のこと書いてないね」(なまむぎ)

「あしたは久々に芦ノ湖に行くよ」

「今年何回、芦ノ湖へ行った?」

「あしたで6回目かな? 芦ノ湖はあまり行かなくなったよ」

「最近の釣り日誌は海ばっかりだもんね」

「話は変わるけど、YO-ZURI 儲かってるだろうね。釣具業界は不況みたいだけど」

「釣具の売り上げは物凄く落ち込んでるらしいよ。去年に比べて今年は34%も落ちてるんだってさ」

「そう言えばJ屋から子供が姿を消したね。高い鮎竿も全然売れてないし、かと言って安物が売れてるわけでもない」

小田原で箱根新道に乗るまでに30分以上かかり、三島へ下りたころには既に夕暮れ時を迎えていた。

「お腹が空いたな。マックでも行こうぜ」

三島のマクドナルドにて

「あっ、いけねっ! 平日のつもりでフィレオフィッシュを追加したらセットより高くついちゃったよ〜!」(なまむぎ)

「にゃはははは・・・、今日は土曜だもんね。なまむぎさんみたいな人がいるから、平日半額でもマックはちゃんと儲かるのだ」

「ヤ・ラ・レ・タよ。まんまと普段の2倍払わされた」

なまむぎさん

マックの2倍攻撃にやられた!

「半額にしても儲かるってことは、ボロ儲けしてたってことだよね」

「モスバーガーと食べ比べれば納得だよ。僕の知るかぎり、マックのハンバーガーから肉汁が染み出してきたことは一度もないね」

「確かに味は違うね・・・高いけど」

何でもそうだと思うが、高くてもいい物は売れる。そして、そこそこの性能(味)で安い物も売れる。だが、安かろう悪かろうではまったく売れなくなる。その証拠に、真っ黒で飾り気がなくても DAIKO のロッドはちゃんと売れるし、高くても STELLA は売れている。

シマノがダイワより数段優れているとは思わない。だけど、ダイワって考え方が古いのである。

ダイワの気になる点、その1

まず、ネーミングがダサイ。未だに“S”とか“Z”なんてワケのわからない符号を名前のあとに付けたがるのが悪いクセである。しかも、“ツインパ”みたいに製品名をカワイク省略できないのが時代遅れ。「スーパーなんとか」なんて名前が多すぎる。電動丸の方がいいに決まってるではないか!

ダイワの気になる点、その2

コマーシャルでは徹底的に性能をアピールする。シマノなんかカッパが川から出てきたりするのに・・・。ステラの CM には性能のアピールなんか一言もない。ふたつの CM を比べると、当然ステラを買う人の方が多いに決まってる。何しろ考え方が古くさいのだ。

ダイワの気になる点、その3

ダイワの製品は1年過ぎると修理代を取られるが、Tomy は何度もステラを修理に出しているのに、未だに一銭も修理代を請求されたことがない。

驚いたことに、ステラには保証書がないのだ。ネジが吹っ飛んだ、サイドのカバーがブッ壊れた、ベールが折れたなど、いろいろな修理をしたが、「すべてはブッ壊れるようなものを作った私が悪いので、無償修理です」というシマノの姿勢が Tomy のお気に入り。

『高いだけのことはある』と感じさせるところがシマノのいいところ。ダイワにはそれがないので Tomy はシマノをオススメする。1年の保証期間内に壊れることは稀だから、シマノ方式の方がいいに決まっている。


NEXT