さあ、きっと@大神

ワカプロへの道

4ページ目(全4ページ):最初のページ

2000年10月22日

Written by カーズ(ABU脳丸)

芦ノ湖のワカサギ釣り必須アイテム

魚探

4〜5年前、あるいはそれ以上前と比べて、去年、今年のような状況では、もう不可欠と言ってもいいでしょう。今日なんか全然魚のいないところで釣っている人が圧倒的に多かったです。あれを見てると間抜けを通り越して、もう「かわいそう」の領域ですね。

ほんと、魚探なしでは話にならないな。

エンジン船

あれば機動力が非常に増しますから、ボクとしては、どうしても必要です。ただ、湖尻でも近場で確実に釣れているのであれば手漕ぎでもいいですけど。 蛇足ですが、エンジン船1日と遊漁料で10,000円なら、漁協でワカサギ1kgを3,500円で買った方がコストパフォーマンスが高く、確実ですけどね(爆)

宅急便だと1キロ4000円だそうだ。

偏光グラス

今日のようなスーパーシャローの釣りではやはり不可欠でしょう。タレックスの偏光グラスは本当に良く見えます。きっとびっくりしますよ。もう、JB や WBS(バストーナメントの団体)のバスプロの間では、タレックスの偏光グラスをしてないとモグリと言われてしまうくらい常識になっています。

ABU脳丸カーズ

シイラ釣りや日中エギングではきっと重宝するでしょうし、意外にもトローリング時に役立ちます。レッドコアが入っている角度が容易に判断できるんです。(水中1メートルくらいまで糸が見えちゃう)

日差しの強い時には目の保護にもなりますし、ホントに目が疲れません。

http://www.talex.co.jp/

日中エギングにも必須のアイテムだね。

がまかつ芦ノ湖スペシャル

今日は結局、この仕掛け2本でやったんですけど、周りにいた船の釣果と比べると圧倒的に勝っていました。ホントに糸を垂らしている距離がひどいときは1メートルも違わないのに、こちらは鈴なり、あちらは1匹なんてのが毎回でした。

思うに、ハリスが短いのと、枝針の間隔が他の仕掛けは12センチなんですが、これ は8センチと短いことがいいのじゃないかと思います。

ワカサギに光る空針をある程度高密度?で見せることにより活性があがったり、バイトを誘発するのでは? 金針の効果もあると思います。金針が一番釣れるような気がしますね。個人的には・・・

それから、この仕掛けのハリはスレでも結構かかるんです。ハリの鋭さも大切です。 思うに、「秋田きつね」は強いですが、掛かりは悪いと感じます。芦ノ湖では金袖の2〜2.5号がベストではないでしょうか?

芦ノ湖スペシャルに代わる仕掛けはやはり同じ「がまかつ」から出ている14本仕掛 けではないでしょうか? 今度比較試し釣りでもしてみようかな。 ちなみに、欲を出したら最後の最後に2セットともバスにやられてパーです。辛いっす。強欲釣り師ではいけませんな〜(はぁ〜)

芦ノ湖スペシャルは、もうどこにも売ってないよ。

マーカーブイ

移動しない群が複数あると言う状況で、一番良い群を選択するのに重宝しそうな気が・・・

そこまでやる?

水中カメラ

必須ではないですが、これだけ透明度が高ければ、水の中を見てみたいです。船長、買って買ってー。

カーズ、お前が買え! 俺が使ってやる。

箱眼鏡

水中カメラの話題がでたところで、透明度の良さを生かして水の中をのぞいてみたいですねぇ、死体が見つかったりして(恐)

ルアーぐらい拾えるだろう。

大根システム

説明は船長にお任せします。まあ、今日の釣り日誌では必要なかったですが。

1999年の釣り日誌【Papyrus の虎の巻】に書いてある。

情報収集の大切さ

深良のシャローを教えてくれたのは植松さんです。やはり、リアルタイムな情報が重要ですね。 芦ノ湖は貧栄養化へ向かうのであろうか?

漁協のHPにありましたが、何年前だか知りませんが、芦ノ湖の水質が非常に良かった頃のワカサギの釣れ方が今年のようだというのですよ。ここ、1〜2年透明度が増してきている様に思うのは皆さんも同じだと思います。

以前掲示板に書いたと思いますが、ここ数年ウィードの生えが7〜8年前に比べ悪い (というか少ない)気がするんですよね。 貧栄養化が原因なのでしょうか? ということは、水質が昔の様に良くなる一方で貧栄養化に傾き、ワカサギの生育は鈍くなる?

漁協で買ったワカサギ

1kg 買っちゃいました。

でも今日漁協から買ったワカサギはデカかったし、脂がのってて非常に美味しかったですぞ。 春あんなに沢山撒いたワカサギの卵はその後孵化して、そのワカサギたちはどこに 行ってしまったのでしょう? やっぱりスーパーディープ(25〜30m)なんでしょうか?

皆さんも、とりあえず芦ノ湖へ行ってみよう!


INDEX