Aoliman Boomers 初陣

今回の教訓

2ページ目(全2ページ):最初のページ

2000年10月28日

結局いつものシイラロッドに 0.8号 PE。エギを投入し、2分ぐらいしゃべったあとの第一しゃくりで乗ったのである。この日は全体的に活性が低く、アオリーキング masa田中でさえノーキャッチだった。やはり新月は難しい。(かなり朝の冷え込みがキツかったせいもあるかもしれない)

乗りピーのスミイカ

スミイカが釣れた

しかし、そんな厳しい状況の中、エギング初体験の乗りピーがスミイカ2杯を立て続けに釣ったのは見事だった。あまり見かけない色のエギがスミイカの興味を引いたのか?

明け方、このエギが効くこともあるはずだ。釣具屋で目に留まったら買うといいだろう。このタイプはとても安く買える。

New Rod と PE ラインのインプレ

「がまかつ LUXXE Coastline EG 90M は22000円。ワシとしては、もっと強力なロッドがほしかった。M で柔らかいと感じるのだから ML じゃズル引きしかできないだろう。そんなアクションではアオリー教のスルドイしゃくりができない」

「柔らかすぎるエギングロッドを使うぐらいなら、シイラ竿の方が良い。シイラ竿ならガイドに PE が絡んでも一発折れはないだろう。シイラ、カツオ、メジ、イナダ、アオリイカ、ハリセンボンまで、何でもござれだ」

「このロッドでは根掛かりを外せない。それに得意の土佐鶴釣法もできない。今回は根掛かりを外そうとして折れたんじゃないからな。エギは根掛かりしていなかったのだ。第2ガイドに PE ラインが巻きついたのに気づかず、4号のエギをしゃくった途端に“パキッ!”と折れたのである」

「なお、今回初めて使用した 0.8号 PE は慣れないためトラブル続出だった。最初はリーダーがすっぽ抜けて新品エギが海の藻くず。確かにいいことはわかったが、初心者にはオススメできない」

0.8号 PE をガイドにからませないコツ

「エギをしゃくったあと、即座にティップを右か左に寝かせて緩んだラインをかわす。」(右か左かは風向きによる)

「あるいは頭上までしゃくり上げたのち、リールのハンドルを叩いて素早くハンドルを5,6回転させながらスラックを巻き取り、同時にロッドを前に倒す。そうすれば細い PE ラインを使いこなせるようになるだろう」(安物のリールだと3回ぐらいしか回らないぞ)

「ただ、この技は右利きで右巻きの人は絶対できないから真似しないように。考えてみると、エギ釣りは右利きで右巻きの人に絶対不利な釣りだということに気づいた。もし右利き右巻きだったら、絶対 PE を使わないように」

「PE を使うときは一度昼間しゃくって、ガイドにラインを絡ませない工夫をしてから夜釣りに臨もう」

エギング専用ロッド?

「今年出たエギング専用ロッドはティップが繊細すぎて、素早く小刻みにエギを動かす土佐鶴釣法に向かない。エギング専用ロッドは120度ぐらいの大きなシャクリに向いていて、約60度のしゃくりを素早く繰り返す土佐鶴釣法ではエギがもたついてしまうのだ」

「60度のシャクリでは竿にパワーを吸収され、エギがチョコッと上を向く程度の変化しか出ない。土佐鶴釣法は、シイラ竿で開発した技だから、エギング専用ロッドで再現するのは難しいだろう」

その他、気づいたこと

「ひとつ・・・風がないとき、あるいは追い風のときは、できるだけフリーフォールさせたい。カーブフォールより同じ飛距離でシャクリの回数を多くできるからだ。フリーフォールの方がヒット確率を上げられるので是非やってみよう」

「ふたつ・・・タダ巻きで釣れるときはナゼかシャクリで釣れない。木負でグルがタダ巻きで釣ったとき、“美酒!らんまん”をやってた人は全然釣れなかった。そういうことが1度ならず3度あったので、これは確かである」

「釣具屋でもらったD社の【エギング・ハンド BOOK】(無料配布)によると、“タダ巻きで乗ってくるときはイカが神経質になっているときで、シャクリが逆効果になる”と書いてあった」

「だから、同じポイントで両方やるなら、最初にタダ巻き(警戒心が強いことを想定して)、夜の場合は中層と下層で2回。昼間の場合は表層、中層、下層と3回。それが終わったら、土佐鶴釣法を泳層を変えながら2、3回。最後に美酒!らんまんという順序にした方がいいのではないだろうか?」

「このワンセットが終わるのにだいたい10分だから、あとは場所を変えるか、エギの色を変えるしかない。粘っても無駄という場合が非常に多いのだ。だが、そこにいるとわかれば、あとはエギのカラーを目まぐるしく変えたり、あらゆる誘いをかけてどんなことをしても乗せよう。見えイカは乗ってこないこともあるが、暗闇なら必ず乗せられる」

Tarojiro 聖太子の教え

「わたくしめは今回、東伊豆で2キャッチ1バラシでした」

「PE が使いにくいのなら、FireLine がいいでしょう。今回から私は FireLine の16lb.(1.2号)を、100m 2310円で購入してきました。もっと細いのがよければ、8lb.(1.0号)もありますぞ」

「バークレーの FireLine は、PE と同じ素材でも製法が違うので、同じ強度なら PE より一回り細く、伸びも少なく、コーティングされていて腰があるために PE の抱えるトラブルがほとんどなく、ナイロンラインのように使えます」

「ただし、コーティングで滑りがよいためにノットが抜けやすいのが一番の問題なので、私はノットを工夫するのと、時間があれば接着剤で固定しています」

マゴチが釣れたところ

マゴチが釣れたところ

朝が来た。西伊豆某所にアオリー教信者が大集合。ここでアオリーキング masa 田中率いる PALMS 軍団と合流した。(ここではかとうしろうが60センチのマゴチをとったらしい)

“とった”と一口に言ってもその内容は様々だが、今回の場合は見知らぬ釣り人にカメラを渡され、「すみませんが写真を“撮って”ください」と言われたのである。西伊豆というところは本当にいろいろな魚がとれて面白い。

集会の写真

全国のアオリー教隠れ信者諸君。そろそろ表に出てこないと幹部にはなれないぞ。これからはじまろうとしているエギプロ選手権に間に合わないから、早く出てきなさい!

待ってます。

朝から昇降


INDEX