ゲー・シュン

相模湾のヤリイカ釣り

日の出

2001年1月2日

午前7時。元旦ではありませんが、初日の出を拝みました。Tomy は、きのう初売りで買った FREE LARK を船べりにセットして漁場へ向かいます。まだ風は弱いものの、うねりは1.5メートルほどの高さ。目指す漁場は初島沖の予定でしたが、西風が強まるという予報なので、小田原南沖までしか行けそうにありません。

出船後、縦席の後ろで波しぶきを避けていたのですが、漁場に着いてみると、さあ、大変! いきなり事件勃発です。せっかくセットした仕掛けが風で投入器から飛び出し、釣りをする前から手前マツリになってしまいました。

しばらくして

さあ、はじまりました。一斉にオモリが投入され、投入器からイカ角が次々に吐き出されていきます。このうねりの中で船をポイント上に留めるのは至難の業でしょう。最初はちょっとラインが斜めになっていましたが、すぐにラインは真っ直ぐ下を向きました。

すると、操縦席の右側に座っていた人が間もなく2杯のヤリイカをゲット。あとで気づいたのですが、波があるときは操縦席の真横がベストポジションのようです。船の上げ下げが最小なのでイカがバレにくいんですね。

そして、次の流しから戦線復帰した Tomy にも怪しいアタリ・・・

『むむっ!』

上から50メートルぐらいまで確かにクンクンという乗りを感じていたのですが、あと少しのところで大波を食らい、その衝撃でイカの足がちぎれたようです。

『うー! もう少しドラグを緩めておけばよかった』

ゲソ1本が7本針の上から2本目、緑のイカヅノに付いていました。でも、小さいイカだったようです。吸盤はゴマ粒より小さいぐらいでした。

FREE LARK『さあ、これからだ!』

Tomy は気合いを入れ直しました。FREE LARK をカチャッとワンタッチ。これが便利なんです。普通の LARK は急速落下スタイルに変わらないのですが、 FREE LARK なら急速落下スタイルができるのです。

電動丸の糸送りも7段階の5段だから、分速100mぐらいですね。着底するまではロッドを持つ必要がないので、チョットだけ「ラーク」です。

「うげげ」

ややっ?! お隣の様子がおかしくなりました。遠く丹沢の方を見上げて、あえいでいます。うねりは1.5メートルから2メートルにグレードアップ。ミヨシに近い席を取ったのがアダとなり、時折波しぶきを顔に受けるほどになってきました。

「さぁ、これから行くぜ!」

「これ以上はキケンなので、今日はこれで港に戻りまーす」

ナ・ナニッ?! 竹之内船長、無情のアナウンス。

『まだゲソ1本なのにぃー!』

残念ですが仕方ありません。まだ9時半ですが、初釣りはこれにて終了。確か去年の元旦もボウズでしたっけ。これで Tomy は2年連続でボウズのスタートということになりました。

『そう言えば・・・』

今朝、イヤな予感がしたんです。お弁当を買いに「サークルK」へ行ったのですが、500円お買い上げごとに1回スピードくじを引けるというので、3回くじを引いたんです。すると・・・

『おい、おい、おーい!』

何と、新年早々「ハズレ」3連発。

『何なんだよ、サークルK。 新年早々ハズレくじなんか引かせやがって!』

つまらんことでサークルKは、ひとり客を失うことになりました。バツとして永久にサークルKは利用しません。21世紀の新年にハズレくじなんか引かせやがって!

『許しませんよ。縁起物にこだわるアタシとしては!』

これでは気が済みません。ヤリイカ釣りはなおも続く予定。次回へ・・・


INDEX