史上初の怪魚

ボート屋にて

3ページ目(全3ページ):最初のページ

2001年2月24日

HATTORI 名人(268KB)

激渋の芦ノ湖でも釣る人は釣るんだね。63.5cm ですか・・・。HATTORI 名人のホームページは LINK 集にある HIGASHI-GINZA MINNOWING CLUB LKJ だから、あとで読んでみよう。HATTORI 名人は“ミノーだけで釣る”という人だから、ASHINOKO ONLINE とはだいぶ違うけど、きっと参考になるよ。

「連絡がないからどうなったかと思ったよ」

「いやぁ、朝の土砂降りでケータイが調子悪くて」

「貝印のシェーバーを買うと、ケータイの防水ケースがついてくるよ。3枚刃だから良く剃れるし、オススメ」

貝印 K-3 についてくるケータイケース

貝印のシェーバーが入っていたケース
空気を入れられるので、水に落としても平気

「おっ! さあきっと@大神さん、どうでしたか?」

「悲惨でしたよ。長男坊と私がボウズ、次男坊が2匹塩焼きサイズを釣っただけ」

「そうか、やっぱり漁次君はセンスあるなぁ」

大神漁次くんのコメント(220KB)

これを読んでいる人の中にも漁次君に負けた人が何人かいるだろう。その後、情報を集めてみると、24日の結果はかなり悲惨だったらしい。

入賞者

念のため書いておくが、最終結果に我々の名前はない

ニジマスの部、優勝者のN氏はJ屋渋谷店の店員さんだそうだ。場所は白鳥ワンドの奥で釣ったらしいよ。なんでも、そこにいればバホバホだったんだって。(このワンドは狭いから水温が高いのだ)まあ、湖尻から出て白鳥ワンドに行く人はいないから、我々はノーチャンスだったわけだね。知ってても行かなかっただろう。

ところで、ニジマスの部2位、3位、4位がすべて70.0cmというのは、偶然にしてはでき過ぎだな。キッチリ70センチのやつを放流しているに違いない。なんか、この結果を見ると自然からかけ離れた管理釣り場という気がする。(負け惜しみに過ぎないが)

「それはそうと、チケットの当選番号が気になりますねぇ。何番がアタリだったのかな?」(Yos)

「そうそう、こうなったら遊漁券の番号が頼りだね。マスター、アタリは何番だったの?」

「ちょっと待ってね、今ちょうど漁協と電話がつながってるから訊いてあげる・・・もしもし・・・あのさぁ、遊漁券のアタリ番号はいくつ?・・・え! 今年はナシ?・・・あっ、そう。 ナシだってさ」

「うっそぉー! 下手ッPの最後の楽しみまで奪うとは!」

(`ё´)

「とことんシケテますね」

(`з´)

さて、どうしよう? 今年の芦ノ湖・・・

SUPER DREAM CUP で大物を釣り逃がしたとなると、60オーバーなしで終わる可能性が出てきたね。チャンスとしては3月の平日と5、6月のトローリングかな? 今年はちょこっとトローリングの真価を見せたいものだ。


INDEX