Battle Dolphin 2002

麦わらオジサンは合理主義者

2002年8月3日

毎年8月の第一土曜に行われる Battle Dolphin。今年はビデオ取材班として、庄治郎丸3号船に乗り込んだ。釣りの様子は、タップリ撮ったビデオで見てもらうとして、今回は、麦わらオジサンがどのようにシイラを釣っているかをご紹介しよう。

麦わらオジサン

カツオを釣って気持ち悪い笑みを浮かべる麦わらオジサン

麦わらオジサンは ASHINOKO ONLINE を読んでいる人なら誰でも知っているキャラクターだろう。Tomy の想像では、キス釣りのつもりで船を間違えたのが、シイラ釣りにはまったキッカケということになっている。

パヤオで「とりあえずジャリメ投入」・・・とつぶやく麦わらオジサンの話を覚えているだろうか? あれは作り話だが、どうやらホントだと思った人もいるようだ。つまり、シイラ船には似つかわしくないキャラクターなのである。

しかし、麦わらオジサンは意外にも実力者だ。数年前に庄治郎丸記録となる156cmを釣り上げたし、メーターそこそこのシイラは、1分足らずでゴボウ抜きしてしまう。まるでカツオの一本釣りみたいにね。

じゃあ、いったいそのメソッドとは? それでは、オジサンの心の叫びを聞いてくれ。

麦わら流

まず、俺が使うロッドは8フィートだ。かなり古いもので、メーカーは忘れた。お前らが使ってる椰子の木マークのロッドで言うと、8020よりファーストアクションかな。

そして、リールに最大の特徴がある。俺のリールはロングノーズの古いタイプで、ラインは6号さ。20lb なんて使わねーよ。誰が何と言おうと6号。

ビミニツイスト? やらねーよ。直結がイチバン。ラインを継いだら切れやすくなるだろーが。そんなこと、ちょっと考えりゃわかりそうなもんだぜ。

投げ方? 投げ釣りの教科書通りさ。後ろを見て、ルアーを垂らすだろ。そんでもってスリークォーターで「エイヤッ!」と投げるんだ。これ、最強!

トゥイッチ? するか、そんなもん。高速オヤジ巻きがイチバンなんだよ。実績があるんだから文句ねーだろ。とにかく人より多くキャストするんだ。遠くへブン投げて、大口径リールでゴリ巻き。動きはルアーに任せりゃいい。何のために高いルアー使ってると思ってるんだ。引けば泳ぐからに決まってんじゃねーか。

でな、大物を釣ったら伸びたラインを10メーターばかり捨てるんだよ。お前らの使ってるリールじゃ、すぐにラインが出にくくなるだろう。だから、俺はロングノーズのリールを使ってるのさ。ロングノーズなら2, 30メートル捨てても引っかからねーんだよ。どうだ、参ったか?

あとな、俺に言わせると、ショックリーダーなんて邪魔者さ。いつもフレッシュなラインを使いたかったら俺の真似をしな。10メートル捨てて直結。誰が何と言おうと、これより素早い方法はない。

どうだろう。麦わらオジサンの麦わら流。けっこう理にかなってるんだよね。ムービーを見れば麦わらオジサンの実力がわかってもらえるだろう。この日、他のアングラーは平均1本だったが、オジサンは5ヒット4キャッチだ。

Battle Dolphin のムービー

結果表