秋満喫 in 木崎湖

Shonan Rockets の時事放談

全5ページ

2002年10月13日

今回は Tomy、KENYA、カーズの3人で木崎湖へ行くことになった。狙いはワカサギとスモールマウスバス、それに温泉である。3連休の中日だが、深夜2時過ぎともなると流石に高速道路も空いていた。

東名高速にて

「アメリカ人がね、日本人は税金払ってないのかってマジで聞くんですよ」(カ)

「なんでよ? 払ってるに決まってるじゃん」(T)

「高速道路代が高いじゃないですか。あっちじゃ、高速道路代はタダが常識でしょ。だからですよ」(カ)

「なるほど、言われてみれば・・・。税金を取られた上に、高い高速道路代を取られるなんて、おかしいよな」(T)

「それでも道路公団は赤字だって言うんですからね。どうなってるんでしょ、この国は」(K)

「ほら、そこに非常電話があるじゃん。1キロおきに設置されてるよね。この電話機、1台いくらすると思う?」(T)

「100万ぐらいですか?」(カ)

「全然ハズレだよ。250万だって」(T)

にひゃくごじゅーまん? ウソでしょー? わざわざ訊くぐらいだから、めいっぱい高めに言ったんですよー」(カ)

「このあいだ、ラジオで竹村健一が言ってたから間違いないと思う」(T)

「だいたいやねー、これ1台いくらすると思いますか?・・・・あーたねぇ、にひゃくごじゅうまんですよ。にひゃくごじゅうまん」(竹村健一風、カーズのものまね)

「ハハハ・・・。似てる似てる」(K)

「見たことないけど、<事故>とか<故障>とか<救急>ってボタンが付いてるんだって。それがシステムと連動してて、ハイウェイラジオに第一報が入るらしいよ。つながるのはオペレーターだけどね」(T)

「なるほど、位置情報を知らせるわけだ」(K)

「それにしても、金かけすぎでしょ」(T)

「道路公団は赤字でも、その周辺団体は滅茶苦茶儲かってるということでしょーな」(K)

「今時はケータイ持ってるのが常識ですからね。僕のは GPS まで付いてるしぃー」(カ)

「それ、役に立ってんの? GPS ケータイ」(T)

「コンパスとしては役立ちますよ。たとえば芦ノ湖で濃霧のときなんかヨゴザンスよ」(カ)

「あんまり意味ないような気がするなぁ・・・」(K)

フリーウェイクラブ

「高速料金を払わないグループがあるって知ってる?」(T)

「なんか聞いたことありますね」(カ)

フリーウェイクラブって言うんだけどさ、ついこのあいだ、8万何千円か踏み倒してた人が定期預金を26万円ほど差し押さえられたんだって」(T)

「3倍ですか?」(K)

「でも、差し押さえられた金はクラブが補償して、道路公団がなくなるまで戦い続けるらしいよ」(T)

「それ、いいかもしれない・・・」(カ)

「Shonan Rockets もやりますか?!」(T)

中央道大月ジャンクションにて

「これ、邪魔だよねー。イーテック! 誰も使わないのに、ど真ん中にデーンと構えてて」(T)

「KENYA さんは、確かモニターになってましたよね?」(カ)

「機械は持ってますよ。でも、車を買い換えたときにやめちゃいました。取り付け料を払うのが馬鹿らしくて」(K)

「まだ全体の1%も利用してないんだよ。だいたい、馬鹿げてるでしょ。イーテック付けたらハイウェイカードの最高割引率より安くしなきゃおかしいと思わない? そうしなきゃ、機械を買うだけ損しちゃう」(T)

「まったくです!」(K)

「半額なら、付けてもいいね」(T)

「平日半額とか・・・」(カ)

「そう言えば、知ってる医者が何キロまでならゲートが開くか、試したんだって」(K)

「60キロぐらいは平気かな?」(T)

「いや、70キロで試しても大丈夫だったらしい」(K)

「勇気ありますねぇ・・・」(カ)

よゐこの皆さんは真似しないでください。責任は負いかねます。

パチンコは名古屋でしょ

「“パチンコは名古屋でしょ”って話・・・、もうしたかな?」(T)

「聞きました。それ、新人研修の話でしたよね」(カ)

「そうそう。先輩に連れられて、新人研修に行くんだけど、営業車の中でパチンコの話が出てさぁ、“パチンコは名古屋でしょ”って話になって、東京から名古屋まで行っちゃったという・・・」(T)

「で、どうしたんでしたっけ?」(カ)

「名古屋でパチンコやって帰ってきただけだよ。日報にウソ書いてね」(T)

「私も大阪出張の時、USJ に行きました」(カ)

「そんなのは、まだカワイイ方だよ。俺の同期のヤツは、ある日ムシャクシャして富士サファリパークに行ったんだと」(T)

「御殿場でしたっけ?」(カ)

「そう、そいつは東京都内担当だったけど、ストレスで精神的に参ってたんだな。だから、高速に乗ったついでに、営業車で御殿場まで突っ走ったらしい」(T)

「でも、なんでサファリパークなの?」(カ)

「それはよくわかんないけどね、とにかくムシャクシャしてたから動物でも見て、なごもうと思ったんだろう。でね、サファリパークってのは、猛獣が放し飼いになってるところを自分の車に乗ったまま見学するワケよ」(T)

「そうらしいですね」(カ)

「でね・・・ふふふ・・・、グリズリーのエリアに入ったんだと。でっかーい熊のね」(T)

「ほうほう、それで?」(カ)

「そしたらさ、熊のイチゲキでドアミラーをもがれちゃったんだよ。営業車のドアミラー」(T)

「うははははは・・・、で、どうしたんですか?」(カ)

「まさか熊にもがれたとは言えねーじゃん。だから、不注意で壊したことにして、始末書書いたんだって」(T)

「それ、最高ッス!」(カ)

「まだオチがあるよ。もがれたドアミラーに熊の爪痕がクッキリついてたんだって」(T)

「ぎゃははははーっ!」(一同)