秋満喫 in 木崎湖

チェ・ヨンス

2002年10月13日

しかし、ワカサギ釣りは相変わらず渋かった。大きな群が来ても、なかなか口を使ってくれないのだ。

「おっ、斥候が来たぞ。しゃくれしゃくれ」

「続いて本隊登場。底から中層まで真っ黒だぞ!」

「乗った乗った。食い上げ食い上げー。引くぅー!」

「あれっ? あんなに引いたのに1匹かよ。デカイけどさー」

とまぁ、そんなのが何回も続いた。赤無視もウージの森(サシえさ)もダメ。比較的食いがイイのは、オーナーのハイパーパニックというカラ針仕掛けだった。

「おっ! また来たぞ。1メートル上げて!」

「あー、行っちゃったー」

「チェ・ヨンス!」

「おっ! 今度のはデカイ群だ」

「あれれ、また行っちゃったー」

「チェ・ヨンス!」

「チェ・ヨンスってなんですか?」(カ)

「韓国のサッカー選手だよ。ジェフ市原にいるんだ」(T)

「チェさんの群バッカシですなー」(K)

「じゃあ、イイ群は何さん?」(カ)

「パクさんでしょ。口をパクパクすっから」(T)

「にゃるほどー、パクさんの群、来ないかなぁー。チェさんはダメー」(カ)

その後、何回かパクさんの群も来たが、ほとんどがチェさんの群になってしまい、4時に撤収決定。結局ワカサギは3人で50匹ほどしか釣れなかった。そんな渋さの中でもアタシは何とか1度に6匹掛けをやって、半分ぐらいは釣ったけどね。

「ワカプロ失格ですな、閣下」(T)

「大根を忘れたのが敗因かも・・・」(カ)

「うーん、ハリスが短い仕掛けは全然ダメだったね」(T)