スプートニクの釣り人

相模湾のカツオ釣り

2002年10月20日

「朝から一日中雨、北東の風強く、海は荒れるでしょう」という、とんでもない天気予報が出ていた。しかし、ラクロア、Tomy、オカラ、タロジロー、かとうしろう、川瀬さん(初対面)の6名は、2週間前のリベンジを目指して再び長井港へ。

「天気予報って、週末よく外れるよね」

「まったくね、このまま午前中もってくれればいいけど」

「このあいだ5人で500キロ釣ったという話もあるし、今日こそは爆釣でしょう」

期待感は十二分。でも、海は多少荒れていた。外房漁師のオカラさんに言わせれば「いい凪ダッペオー!」・・・なのだが、ミヨシは朝から顔面シャワーの嵐である。当然、ハネッコは見つからず、今日も苦戦が予想された。

出船からおよそ1時間後、カッタクリの船が何隻か集まっているところで散水がはじまった。

「イワシ撒けー!」

そこで、先日練習した泳がせを全員でやる。手早くイワシをハリ掛けしたので、イワシは元気よく散水の下に潜っていった。

クンクン、ビュワァー!

10, 9, 8, 7・・・カウントダウン・・・4, 3, 2, 1, ヒットー!

Tomy がまたしてもヒット一番乗り。それを見たべらんめぇオヤジは操船そっちのけでミヨシへ走った。

「おっ、そっちもヒットしたか、いいぞ、あわてんな」(船長の息子)

オヤジがミヨシで上げたのか・・・空からドカンとメジが降ってきた。

「誰か、オヤジと一緒にミヨシで掛けてみろ、その方が早ぇーぞ!」

しかし、みんなは泳がせに夢中である。時間はかかるが、泳がせの方がやり取りが楽しい。

「あ”ー!」(誰とは言わない)

「竿をあおんなって、言っただろーが!」(客に容赦ない、べらんめぇオヤジ)

周りからカッタクリの船が攻めてきて、フィーバーは5, 6分で終わった。

「何本釣れたかな?」

「1, 2, 3, 4・・・7, 8本か」(船長の息子)

「オヤジさんが3本、オカラさんが2本、私と Tomy さんと、川瀬さんが1本」(ラクロア)

ガカーリン少佐

かとうしろう

「がかーり」(かとうしろう)

「しろうは今日からガカーリン少佐に改名じゃ!」(T)

釣れたメジは全部2.5キロから3キロのイイ型だった。まあ、オヤジさんが釣ってくれたので、朝のワンチャンスでお土産確保はOK。

江ノ島

帰り道で撮影した江ノ島

その後、青木丸は江ノ島沖へ。何度か泳がせをやってみるが、掛かるのは全てペンペンだった。すでにガカーリン少佐と川瀬さんは船酔いでダウン、残る4人がペンペン釣りで時間を潰していた。

「おっ、庄治郎丸だ」

「きょうはソル男さんが乗ってるぞ。手を振ろう」

あとで聞いた話だが、ソル男さんはオキアミエサで3キロのメジと2.5キロのカツオ、それに小さなヒラソウダを釣ったらしい。エサ釣り初挑戦にしてはなかなかである。(*仕掛けはアタシが教えた通り)

*相模湾のメジ・カツオ釣り:竿は1.8〜2.5mでやや硬め。PEラインを巻いた中型ベイトキャスティングリールまたは電動リール。天秤にサニービシ80号、ハリスは14号〜16号を約2.5m。ハリはヒラマサ12〜13号。エサはオキアミ。

ここでしばらく走る

みんなが後ろで仮眠している間に、船は真鶴半島がうっすら見えるところまで来た。ガカーリン少佐も少し復活して泳がせをはじめる。しかし、掛かったのはペンペン。そこでアタシも同じくペンペン。だが、ふたりが露払いのペンペンを上げたあと、タロジローさんの竿が豪快にしなった。

やった、3キロ級のメジ! これで、残された○ボはガカーリン少佐だけになった。

「スパーイ撒きエサすっから魚が逃げちまーよ」

「最後にズザァーっと逝きたいっす」

なんのこっちゃ。

ここからは帰りながらの釣り

再び庄治郎丸のいる江ノ島沖でカツオの群に出会ったが、ここではオカラさんが痛恨のバラシをやった。4キロ以上の大物をタモ入れ寸前にバラシてしまったのだ。

「くっそー、あれを釣ってたら、メジは誰かにくれてやったけどな」

その後アタシはルアーでペンペンと遊ぶ。みなさんが泳がせをやってる間にワンキャスト・ワンフィッシュの入れ食いモードだ。

「そのルアー、良く食うなー」(船長の息子)

「そうでしょ。これ、Bob Twitcher っていうんですよ」

Bob Twitcher は名前の通りトゥイッチしないで、野呂野呂タダ巻きしてる方がいい。RISE の野呂店長(Bob)がデザインしたから。

「バツグンだなー」

そうなのである。去年まではトゥイッチしすぎて釣れなかったが、今年、タダ巻きの方が釣れるとわかってから調子いいルアーなのである。

しばらくして

また、チャンスが来た。イワシを撒きはじめたら、船の後ろの方にハネッコが! 急いで船の後ろへ回ってイワシを泳がせると・・・

クンクン、ビュワァー!

10, 9, 8, 7・・・カウントダウン・・・4, 3, 2, 1, ヒットー!

小さいが今日唯一のカツオをゲット。振り向くと、ガカーリン少佐も何か掛けている。

「キタ━(゜∀゜)━!!」

もうダメだと思っていたが、とうとうこれで全員ゲットである。

「最後にズザァーっと滑り込んだな」

「ズザァーっと・・・」

青木丸にて

青木丸は釣りのあと、船長宅でオヤツを食べることができる。前回と今回はおでんだったが、とてもうまい! ガカーリン少佐は船上でお得意のクリームパンを食べることができなかったので、ここぞとばかりにガツガツ食べていた。

「もうイパーイ」

「あいよ、まだたくさんあるからね」(青木丸のオカン)

「他の船はまだ帰ってないんですか?」

「最後にパヤオでメーターオーバーのシイラが釣れたんだって。新しい群が入ったんだろうね。メーターオーバーばっかしだとさ」

「なにー! ガカーリンが気持ち悪そうだから早く帰ってきたのに・・・」

その直後、ガカーリン少佐に冷たい視線が突き刺さったのは言うまでもない。