2月が短いわけ

相模湾の根魚五目

2003年3月1日

2月は一度も釣りに行かなかった。どういうわけか週末ごとにトラブルが襲いかかってきたのだ。まあ、どうせ2月は寒いし、アッと言う間だからいいけどね。風邪をひかなかっただけヨシとしよう。今日は何も考えず、シンプルに行くぞ。餌つけて、下ろして、アタリがあったら電動のスイッチを入れるだけ。たまにゃそういう釣りもいいだろう。

ところで、皆さんは、なぜ2月が短いのか知ってるかな?

『1月と3月を1日ずつ削って平均化してもいいじゃないか』

そう思ったことない? これはね、ローマ皇帝ジュリアス(ユリウス)・シーザーが決めたユリウス暦(紀元前46年〜)のせいなんだって。シーザーが生きていた頃、2月は29日(閏年だけ30日)だったんだ。

ところが、シーザーの暗殺後、皇帝になったアウグストゥスが自分の生まれ月である8月が、シーザーの生まれ月である7月より1日少ないのは納得イカンということで、勝手に2月を1日縮めて8月にくっつけちまったんだと。

だから、7月と8月は閏月が続いているんだ。ジュリアスとアウグストゥスの名前にちなんで、7月が JULY、8月が AUGUST であることから、この説はどうも正しいらしい。たったひとりのワガママが、こんな重要なことを決めたなんて信じられないね。

でも、2,000年以上も前に暦が決まっていたということ自体、ちょっと驚きだろ。アメリカなんか、そういう歴史を考えたら生まれたばっかのヒヨコだよ。威張りくさってるけどさぁ。

さらにさかのぼれば、今のイラクで生まれたメソポタミア文明なんて、半端じゃなく古いよ。なんたって紀元前3,500年頃ダカンネ。そんな大昔に「目には目を、歯には歯を」で有名なハンムラビ法典が既に誕生していたんだ。それ考えたら、アメリカの天下なんて明智光秀並みでしょ。このまま戦争に持ち込んだら、そう遠くない未来に世界中を敵に回して滅ぶね。

さて、

そんな日記の書き出しを考えながら運転していたら庄治郎丸に着いた。

「おはよっす」

「おっ、今日は寝坊しなかったか!」

「寝たらこんな時間にアタシが起きてるワケがないっしょ」

「それもそうだな」

今日は5号船で根魚釣りだ。水深250メートルの深海で釣れる魚とは?

まず最初にヤッコちゃん(船長)に挨拶。いつもはアンパンとコーヒーを差し入れるのだが、このあいだチャーハンと餃子をご馳走になったので、今日はタバコを4箱差し入れた。(紅屋町にうまい店があるんだ)

「オウッ!」 (^_^)

すこぶる機嫌がよい。効果覿面みたいだぞ。アタシが第一投でキンメとシロムツを上げると、さらに機嫌が良くなった。船中第一号は、いつも大抵アタシなんだな。あとが続かんのだけど。

『218メートル、なんか危ないな』

「よっしゃ、よっしゃ、また釣れた」

シロムツ、キンメ

シロムツとキンメ

『225メートル、やっべー』

『イカ釣りのときオマツリしてラインが少なくなってるぞ』

「あ゛ー!」

やっちまったのである。そう、ラインが全部出ちゃったの。しかも、重みに耐えかねてスプールの結び目が・・・

「しゅーりょー!」 (`o´)ゞ

時計を見たら、まだ8時40分でやんの。

でもね

タバコの差し入れが効いたのか、今日はヤッコちゃんがメチャクチャ優しかったのだ。無線でヒカル船長の位置を確かめて、15分かけてアタシのために移動してくれたんだよ。

玉網でヒカル船長から貸し竿に付いているリールを受け取ったアタシは、貸し竿のリールからラインを電動リールに移し替えて戦線復帰に成功したのである。

(`⊥´)V

1時間後に復帰したアタシは、その後メバル1、シロムツ11匹を追加して、まあまあの成績で帰ることができた。やっぱ、船長への差し入れは効くなー! みんなもゴルフ場ではキャディーさんに、ジュースやおやつをあげるだろ。タバコ一箱でもサービス大違いだからやってみな。

ちなみに、ヤッコちゃんと堺さんはセブンスター、ヒカルがマイルドセブンで、船木さんがキャビンマイルド、ゆうじろうがマルボロライトだから覚えておくといいぞ。

シロムツの開き

その後

メバルとキンメとシロムツ4匹は煮付けに。余ったシロムツは開いて塩をふり、40分ほど置いてから塩を洗い流して一夜干しにしたら美味しかった。

皆さんも根魚五目をよろしく。水深は250メートルまで狙うからラインは新品を300メートル入れておこうね。くれぐれも!