九頭竜川釣行

福井と言えば永平寺

4/6(最初のページ

2005年4月5日

今回のサクラマス釣り。運転手は近所に住む生臭ボウズのナマンダーラだった。ナマンダーラについては過去に書いたが、ここでは仏教の各宗派について簡単にまとめておこう。

仏教の各宗派

天台宗

宗祖:最澄 総本山:比叡山延暦寺 お経:「南無妙法蓮華経・南無阿弥陀仏」

真言宗

宗祖:空海 総本山:高野山金剛峯寺 お経:「南無大師遍照金剛」

浄土宗

宗祖:法然 総本山:知恩院(京都府) お経:「南無阿弥陀仏」

浄土真宗

宗祖:親鸞 総本山:西本願寺(浄土真宗本願寺派)東本願寺(真宗大谷派) お経:「南無阿弥陀仏」

臨済宗(禅宗)

宗祖:栄西 本山は全国にいっぱいある。建長寺(鎌倉)など お経:「南無釈迦牟尼佛」

曹洞宗(禅宗)

宗祖:道元 大本山:永平寺(福井県)、総持寺(横浜市) お経:「南無釈迦牟尼佛」

日蓮宗

宗祖:日蓮 総本山:身延山久遠寺 お経:「南無妙法蓮華経」

ということでナマンダーラの浄土宗は宗祖が「法然」である。だから、豊年満作なら何をやっても許される、極めてわかりやすい、農民向きの宗派と言えるだろう。アタシャ、コイツとつきあい始めてから坊主に対する認識が変わったよ。まあね、宗派によっていろいろ違いはあるだろうが、浄土宗ほどいいかげんな仏教はないと思う。(○○学会を除く)

これが生臭ボウズの実態かな。人が死んだときの裏の表情は推して知るべしだ。もう、ニッコニコですよ。ニッコニコ。アタシャ元々無信教だが、ナマンダーラとつきあい始めてから無信教がエスカレートしてしまった。おそらく親が死んでも坊主なんか呼ばないだろう。それほど無駄なことはないと思う。

バチ? 当たるもんですか。坊主こそバチ当たりですから。墓? いりませんよそんなもん。チンギス=ハーンだって墓は見つかってない。所詮人間なんてものは炭素と水の集まりなの。生きてる人間の記憶に残ればそれでイーンデス。

しかしね、うちは一応、曹洞宗(禅宗)ということになっているので、福井に行ったら大本山の永平寺ぐらい見たいと思ったわけだよ。別に信仰心があるわけじゃないけどね。向学のために一度見るぐらいはかまわないでしょ。だから、ナマンダーラに「観光させろ!」って言ったわけ。そしたらなんと言ったと思う? 「あたしゃ三年越しでサクラマスを狙ってるの!」・・・だってさ。まったくもぉー、生臭いったらありゃしない!