九頭竜川釣行

一日目の詳細

5/6(最初のページ

2005年4月5日

それでは、釣りの話に戻る。写真を入れて二日間を振り返ってみよう。

九頭竜川サクラマス釣りマップ(FLASH)

高屋橋上流右岸

高屋橋上流右岸に着いたのは4月5日の午前6時頃だった。ここでナマンダーラと別れ、アタシは一日中粘ることにしたのだ。右端に赤いバッグが見えるでしょ。そして、ちょうど座るのに良さそうなテトラポッドがひとつ見える。

8時頃になると入れ替わり立ち替わり、何人もの釣り人がここへやってきた。しかし、誰一人釣れない。アタリすらない。ヒマだったのでルアーを護岸にぶちまけて写真を撮ってみた。

ルアー

いろいろ入っているが、SUGAR DEEP 90F, SUGAR DEEP SHORT BILL(Bassday)あたりを使っていれば間違いない。特に SUGAR DEEP 90F はサクラマス釣りに於いて定番中の定番となっている。

その他としては BITSTREAM FMD95(タックルハウス), スプーン14g, 20g あたりかな。類似品もいろいろあるが、実際に投げて流れの中を泳がせてみると違いがわかる。福井の釣具屋なら、この辺はしっかり揃っているので全部根掛かりしても大丈夫だ。

なお、越前フィッシングセンターではサクラマスダービーもやっている。お店に釣ったサクラマスを持ち込むと、順位に応じて賞品がもらえるらしい。あなたも挑戦してみてはいかが?

越前フィッシングセンター

さて、変化があったのは午前11時半頃だった。彼女同伴のミスター・スニーカーが上流のエグレでサクラマスをヒットさせたのだ。2分ほどファイトしたが、手前に寄せたところでラインが水中テトラに触れ、痛恨のラインブレーク。このあとアタシも気合いが入って一心不乱に1時間ほどキャストしまくったが何も起こらなかった。

気温はグングン上がり、朝の6℃からイッキに16℃まで上昇。昼飯を食べたら眠くなったので2時間ほど護岸にもたれて寝てしまった。

14時半、ミスター・イッチョマエが登場。アタシの「座椅子」でやっていいかと聞くので、「どうぞ」と言って成り行きを見守ることにした。そしたらもう、雨あられのごとくルアーを投げまくるじゃないの。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる方式で。

アタシは『もし釣れたら後悔するだろうなぁー』なんて思ったが、なんとなく釣れない予感があったので悠然とコーヒーを湧かし、内心『釣れるな!』と祈っていた。20分ほどしてミスター・イッチョマエが下流に移動。そこでアタシは再び「座椅子」に戻ってルアーを投げはじめた。

すると、ほどなくしてミスター・ブーが登場。アタシから20メートルほど離れて上流でルアーを投げはじめた。そして問題の16:20。ミスター・ブーにサクラマスがヒット!

ミスター・ブー

手前に水中テトラがあったので、アタシが玉網を4メートルほど伸ばしてサクッと一発ですくい上げた。ヒットからキャッチまで、ものの1分である。ミスター・ブーは初めてサクラマスを釣ったのだろう。直後は声も出ないほど興奮していた。意外に呆気なかったが彼には十分感動的なサイズだったのだ。