庄治郎丸でキス釣り

キス釣り開始

INDEX へ

2006年5月4日

3ページ目で、ようやく実釣開始! 今日は釣りおやじnogumaguさん、常連M氏とキス船に乗り込んだ。

トーナメントZにEGI SPECIAL

キスの泳層

キス天秤K型(YAMASHITA)

キス天秤K型(黒)で、釣りおやじの「おかめ天秤 + EXIST」と勝負。ちなみに常連M氏はパイプ遊動式の天秤とステラを使っていた。最初は釣りおやじがややリード。だが、午後に入ってから逆転したようだ。どうも常連M氏のシェイキング釣法を真似てから良くなったような気がする。(ヨブで一旦さびくのをやめ、バスフィッシングの要領でシェイキング)

11時頃から常時7、8メートルの南風が吹いていた。潮流の影響で、常連M氏が乗った右舷より、左舷に乗った我々の方が有利だったらしい。午後1時、52尾釣っていたので資源保護のため自主的に終了。その時点で釣りおやじは45尾だった。仕掛けはオーナー針の速攻キスが庄治郎丸の仕掛けよりカラミにくかった。(風波が弱ければ細仕掛けが有利かもしれない)

それから、PE ライン0.8号のおかげでウネリが出はじめてからもアタリが明確にわかったのが釣果に結びついたと思う。最後の30分は釣りをせずに寝ていると、最終的に釣りおやじは53尾釣ったらしい。で、竿頭は常連M氏の59尾・・・ということで、最後の30分がんばっていれば常連M氏と肩を並べられたかも。個人的には大満足だった。