漁魔が行く-04(魔餌木編)

渋滞500km

9/9ページ(最初のページ

1999年2月3日午前10時

三木サービスエリア着。ここがどこかというと、兵庫県明石のそばです。名神自動車道が大渋滞しているので、ここで大休止することになりました。12人乗っていた乗客のうち、ここで3人がJR乗り換えのため降車。残りは9人です。

「あのぉー、今日って2月4日ですよね。4日の高知行きを予約してあるんですけど、5日に変えてもらえませんか?」

女性の乗客が変なことを言いはじめました。いったいどういう事でしょう?

「この分だと着く頃には帰りのバスが出ちゃいますね。わかりました、社の方に連絡しておきます」

運転手の答えを聞いてようやく納得です。通常なら夜行バスで東京に行って、帰りのバスに乗るまで12時間の余裕があるんですよ。この女性は12時間の内に用事を済ませて高知にトンボ帰りする予定だったのでしょう。

三木サービスエリアには1時間ぐらい停車したのですが、ここで運転手がついに非常事態宣言を出しました。

非常ボタン

なんと! ここで乗客にカンパンが配られたのです。カンパンが!

缶底の製造年月日を見てみると95年8月と書いてありました。つまりですね、カンパンを乗客に配るなんてことは滅多にないのです。全行程の半分も来ていないのに、もうすでに15時間経過ですよ。もしかしたら24時間以上かかるかもしれません。

運転手は同じJRの松山から来た東京行きのバスとビデオを取り替えっこしてきました。幸か不幸か1本しか見られないはずのビデオをもう1本見られるわけです。

(`⊥´)/

バカ! 喜んでる場合じゃないよ。

11時になって、ようやく見通しがついたのか、バスは三木サービスエリアを出発しました。しかし、取り替えてきたビデオは面白くなかったので5分でイアホンを外しちゃいましたね。まだ見ていないので【タイタニック】あたりをやってくれりゃいいのに! ビデオ屋に走って借りてこいよ! まったくもう!

道は相変わらず混んでいます。まだまだ時間がかかりそうなのでリクライニングシートを倒して寝ることにしました。

*

*

*

せっかくいい気持ちで寝ていたのに、すごぉ〜く寝苦しくなって起きてしまいました。時刻は13時30分。ギッチリ渋滞してピクリとも動きません。おまけにここはトンネルの中ときています。寝苦しくなった原因は排気ガスでした。

このときは『このままだと一酸化炭素中毒で死んでしまう』とマジに心配しましたよ。京都手前のトンネルにおよそ1時間も閉じ込められていたのです。

*

*

*

16時30分、まだやっと名神高速道路上です。でも、この頃にはむしろ楽しくさえなっていました。ほら、おなかがペコペコのとき、しばらく我慢すると空腹感がなくなるでしょ。ちょうどそんな感じでした。イライラしても無駄ですからね。

JRバスの遅刻記録をこの時点で塗り替えたのです。あとは前人未到の記録を作るだけ。何時間かかるのか最後まで付き合ってみたいとまで思いましたよ。

*

*

*

18時40分、やっとのことで静岡県の掛川まで来ました。ところがこの先で30キロの事故渋滞・・・。たまらなくなった平塚の親子が「降ろしてくれ」と頼んだので、バスは高速を一旦降りました。

親子3人を菊川駅で降ろし、ひとつ先の菊川インターで再び高速に乗りましたが、このたった10キロほどの寄り道に1時間30分ですよ。運転手も今日中に家に帰れないことを覚悟したのか、携帯で自宅に電話をはじめました。時刻は20時です。

「ああ、おれ、今日帰れない」

「またマージャンでしょ」…と奥さんが言ったのだろう。

「ちが〜うよ。渋滞してまだ東京に着かないんだよ」

「うそおっしゃい」…と奥さんが言ったのだろう。

そじゃいよー。今、菊川ってとこなの」

「どこなの?」…と奥さんが言ったのだろう。

「まだ静岡のテ・マ・エ。今日中に着くかどうかもわかんない」

まったく信じられないような渋滞でした。ようやく21時頃、静岡を過ぎたあたりで渋滞が解消したのですが、岡山から静岡って500キロもあるんですよ。みなさんの中に500キロの渋滞を経験した人がいるでしょうか?

多分いないですよね。順調に行けば6時間ぐらいで通過するところに22時間もいたわけです。けっきょく厚木バス停到着が高知駅を出てから27時間後の23時ちょっと前でした。

「これに懲りずにまたご利用ください」

「本当にごくろうさま。頑張ってください」

いや、なかなか言えない言葉だと思いますよ。運転手さんの最後のセリフは妙に印象的でした。懲りるもんですか! 当然また行きますよ。今度はブルーメッツ号だと思いますがね。

手結漁協でチャーター船

最後に、今回も利用した手結漁港の漁船をチャーターする方法を紹介して終わりにしましょう。メンバーが足りないときは巨魚捕獲団に連絡してみてください。

料金

1隻貸切(5名ぐらいまで) 45,000円(氷付き)

レンタルタックル 2,000円

予約先

手結漁業協同組合 08875-4-2420

15隻まで対応可能 電話受付 8:00〜17:00

ベストシーズン

シイラ 6〜11月

サワラ 7〜10月

ネイリ(カンパチ) 9〜11月

ヨコ(マグロ) 10〜11月

集合場所

手結新外港