漁魔が行く-05(室戸編)

淡路島は何番目?

3/7ページ(最初のページ

1999年12月1日

「佐渡島の次だから2番目!」・・・大ハズレ。「佐渡より沖縄の方がデカイから3番目かな?」・・・これも違う。実際は以下の順位になっておる。

  1. 択捉島(北海道)
  2. 国後島(北海道)
  3. 沖縄島(沖縄)
  4. 佐渡島(新潟)
  5. 奄美大島(鹿児島)
  6. 対馬(長崎)
  7. 淡路島(兵庫)
  8. 天草下島(熊本)
  9. 屋久島(鹿児島)
  10. 種子島(鹿児島)

まあ、これは余談だが、ASHINOKO ONLINE は International Site だからして、全世界に国後・択捉が日本の領土だということを宣言する必要があるわけだ。(大げさな!)

淡路島で思い出したが、先月チャットをしていたら奈良の女性が迷い込んできて、いろいろ話しをする機会があった。その女性は「こんど淡路島にスミイカを釣りに行く」と言っていたな。

奈良から淡路島と言うと、ちょうど湘南から東京湾アクアラインを通って外房へ釣りに行くような感覚だろう。一昔前には考えられなかったルートが、今や方々で現実になっているわけだ。改めて『便利だ!』と思うね、ニッポンは。皆さんも気軽に四国へ足を運びましょう。

徳島新聞によると・・・

明石大橋人気を裏付け

全国の有料道路サービス施設の中で、淡路SA.は、東京湾アクアラインの海ほたるPA.に次いで全国2位の売り上げを記録した。

大鳴門橋

大鳴門橋(鳴門側から見たところ)

さて、今度の写真は地図の1番に示した大鳴門橋だ。漁魔達は鳴門北ICで降りたのだが、降りたところは大毛島という島で、四国へ渡るためには更に小鳴門橋を渡らねばならない。(終点まで行くより300円通行料金が安かった)

大毛島(地図の2番)には展望台や、うず潮観光船の乗り場があるが、今回は先を急ぐので小休止だけに留めることにした。

漁魔 φ(`⊥´)

うずしお観潮船 1500円

大潮の満潮・干潮時は潮の速さが時速20kmにも達する。もしも大潮だったら足を止めただろう。(この日は小潮だった)

大鳴門橋架橋記念館(エディ) 600円

大鳴門橋を自転車で渡るバーチャルリアリティーゲームがあり、友達と競争できるらしい。(橋の長さは1,629m)

展望台の駐車場料金 410円

ここから展望台へ行くには更に300円払ってエスカレーターに乗らねばならない。(暴利! 今回エスカレーターには乗らず)

「記念館の入口に洗濯機の断面みたいな模型がありましたね」

「ああ、あったちや。けんど、最近洗濯機は、ザルみたいな物内側に洗濯物をはりつけて、遠心力で汚れを搾り出すらしいぜよ」

「その名も遠心力ってやつですね。コマーシャルやってました」

「そうそう。そ方式やと洗濯物が絡まんやろ。生地が傷まんらしいぜよ。それに、洗剤も遠心力で浸透させるき、少量で済むんやと…」

「なるほどぉー、いいですね。ところで、今はうず潮が見られませんね」

「今日は小潮じゃき、大したことないやろう、先を急ぐぞ!」

続いては地図の3番に示した霊山寺(Ryozen-ji)の解説にいこう。

ここは四国88ヶ所巡りの第1番札所で、お遍路さんの間では「一番さん」と呼ばれている。さほど遠くないところに88番(香川県)があって、「順打ち」だと時計回りに四国を1周することになるのだ。

漁魔 φ(`⊥´)

お遍路さんが札所を巡拝することを俗に「打つ」という。霊山寺の周辺では様々なお遍路グッズが売られているが、主なものは金剛杖、菅笠、納札、納札入、念珠、白衣、納経帳、輪袈裟などで合計2万円ほど。

旅の解説書によると、「逆打ち」する人がたまにいるということだが、「逆打ち」はなぜか「順打ち」の3倍御利益があると言われているらしい。多分、「逆打ち」だと後半がキツイのだろう。運動量としては同じでも、精神的に辛いのだ。

『1番からいきなり88番に行けば、じき着くぜよ!』

(`⊥´)V

おそらく漁魔と同じことを考えた人も多いだろう。仏教というのは、とかく面倒くさいのだ。その点、チベット仏教なんかいいかもしれない。マニ車を1回回せば1回お経を唱えたと同じ御利益があるのだ。

漁魔 φ(`⊥´)

マニ車の中には真言(マントラ)を印刷した紙が封じられていて、それを1回回せば1回マントラを読んだ功徳がある。

それから、実はチベット仏教は楽じゃない。朝夕のお祈りは欠かせないし、聖地に向かうときは、五体投地礼といって、地面に這いつくばりながら尺取り虫のように前進しなければならないのだ。(そんな、甘いもんや、おまへんにゃ!)

そうそう。ついでだから、ここでダライ・ラマの話もしておこう。ダライ・ラマというのは、ダライ=海(モンゴル語)と、ラマ=師(チベット語)の合成語だ。つまり、チンギス・ハンが世界征服をもくろんだころに歴史がはじまるわけよ。

ダライ・ラマはチベット仏教において最高位で、昔は王様だったらしいぞ。

皆さんは輪廻転生という言葉を知っているだろう。聖飢魔2のデーモン小暮が好きな言葉だが、これは元々、チベット仏教の輪廻思想から生まれた言葉なのだ。だから、悪魔教はチベット仏教を一部パクっているというわけ。

ところで、ダライ・ラマが死んだらどうするかというと、どこかに必ず転生者がいるはずなので、まずは頭の良い子供を捜してくる。そして、その子供がダライ・ラマの生まれ変わりかどうかを判定するわけだ。

まず候補者の幼児の前には、生前ダライ・ラマが愛用していた品と、たくさんのダミーが置かれる。そして、ダライ・ラマの愛用品を正しく選ぶと次期ダライ・ラマとしての教育がはじまるのだ。

うーん、そう言えば、ジョージ・ルーカスも STAR WARS の中で同じような設定をしている。ジェダイの騎士には弟子をひとり育てる習わしがあって、この夏に公開されたエピソード・ワンでは不時着した砂漠の星で天才少年を見出すというシーンがあった。

「この子の血液中のミディ・クロリアン値は100万を越えている!」

とか言って、オビワン・ケノービの師匠が子供を星から連れ帰るのだ。そして、オビワン・ケノービが次作でこの子供の師匠になるという。果たして、この子供の将来は・・・

また脱線した。ドンドン先に進むぞ。今度は徳島市だ。