漁魔が行く-08(明石・鳴門編)

名神高速にて

4/7(最初のページ

2000年3月17日

それにしても長い道のりだ。鳴門海峡から室戸経由だと、今日の目的地、高知市までは800キロあまり。しかも、鳴門から高知までは一般道だから、この区間だけでも最低5時間かかる。

今回のスケジュール(FLASH)

『ありゃりゃ、名古屋の手前で工事渋滞かよ』

せっかく快調なペースで東名を走りきれると思ったら、最後で引っ掛かってしまった。工事だけかと思ったら、路肩にリンカーン・コンチネンタルが突っ込んでやがる。ただでさえ渋滞してるのに・・・

ここで3,40分ロスしただろうか? ノロノロ走っているから、周りのネオンサインについつい目が行ってしまう。

『名古屋の人も好きだねぇ。伊勢原や厚木も人のことは言えないけど』

そう言えば、厚木近辺の立て看は派手なのが多い。出張ヘルス○○とか、デリヘル××なんてのがやけに目立つのだ。よくわからんが、自宅がヘルスセンターになるらしいよ。そうそう、こんな立て看もあったね。

「デリヘル○×、只今ヤンママ大募集中!」

何なんだろうね、ヤンママって・・・。ヤン坊マー坊の天気予報なら知ってるけどさ。茶髪に3倍サンダルのお姉ちゃんが、ピザ屋のバイクで出前してくれるのだろうか? ・・・しかし、いったい何を?

『やっと名神高速に入ったか』

関ヶ原を越えて滋賀県の伊吹PAに着いたのは4時ちょうどだった。ここまでの距離は伊勢原から369キロ。4時間20分も、ずっと運転のしっぱなしだ。一息入れてもう一頑張り、渋滞に引っ掛からないように神戸まで一気に進まなくては・・・

『ここで地図、地図・・・と』

『あれま、名神高速ってのは西宮までなのか。神戸までじゃないんだ』

『ん?・・・今走っているのは下り車線だよね』

『でも、もしも神戸が首都になったら、今走っている方向が上り車線で、道路の名前も“しんみょう”にしなきゃイカんよね』

日本では大昔から「都に上る」とか「上京」という言葉が使われている。だから、首都が変われば、当然のこととして道路や鉄道の“上り”“下り”を首都中心に変えなければならないだろう。

たとえば新首都が岐阜羽島辺りになったとしよう。すると、小田急線で小田原から新宿に向かう電車は下り線ということになるのだ。そう! 誰が何と言おうと、新宿行きが“下り”なのである。

『そんなのはイヤじゃ!』

少なくとも神奈川県民が西へ向かう行動が“上り”であってはならない! そんなことをすれば多くの人が方向感覚を狂わせてしまうだろう。だから神奈川より西の新首都候補地はすべて机上の空論に追い込まねばならぬ!

『なんとかせねば・・・』

まずは候補地を検索してみよう。検索キーワードは「首都機能移転」「候補地」の2つ・・・エイッ!

『おーっ! 出た出た』

New Japanese Capital: Where is the best?

このページを見ると、かなり通になれるはずだ。新首都候補地人気投票もできるよ。漁魔は栃木県の那須野に4票入れといた。だっていくらでも投票できちゃうんだもん。那須が首都になれば、中禅寺湖へ出張のついでに行きやすいじゃん。

(`⊥´)ゞ

この投票結果は参考にならないかもしれないが、今のところ人気投票の結果は以下の通りだった。

  1. 三遠南信地方 - 愛知・静岡・長野県
  2. 岐阜県東濃地方
  3. 福島県阿武隈地方
  4. 畿央高原 - 三重県伊賀地方
  5. 栃木県那須野
  6. 宮城県南部地方
  7. 三重県鈴鹿山麓
  8. 京阪神地方

・・・ということは、少なくとも三遠南信地方と東濃地方を「つぶさねばならない」というわけだ。あー、それなら簡単簡単、軽い軽い。作戦は2秒でできた。

三遠南信地方と東濃地方をつぶす作戦としては、交通や人口比率を論外にしてしまえばいいのじゃ。情報の拠点が東京、大阪、名古屋の間に挟まれた地域に移されても、大災害があったときにインターネットの太いバイパスがないから「ダメ!」と言い切ってしまおう。

だいたい、この情報化社会に交通の要所とか、人口比率を問題にする方がおかしいわけよ。「あんたらの考え方は古い!」と言い切ってしまえば勝ち。相手は論拠自体を失ってしまう。

それプラス、漁魔の理論「神奈川県民が全員方向感覚を失ってしまう」という決定的な問題をつきつければ完璧だろう。ただでさえ最近、列車事故が多い。そういう時期に多くの人が方向感覚を失うことの危険性は計り知れないものがある。冗談じゃなく・・・これは真面目な理論ダカンネ。

「上り線でお待ちのお客様は御注意ください、間もなく列車が参ります」

こう言われても、慣れないうちは厚木で小田原行きを待っている人は知らん顔しているだろう。下手すると列車に吹き飛ばされる人が出てしまうかもしれない。

だから三遠南信地方と東濃地方は没なんじゃ!

りろせーぜん・・・だろ?

まあ、こんなことを考えながら漁魔は名神高速を西へ向かっていたのだが、吹田ジャンクションで中国自動車道へ入るつもりだったところを真っ直ぐ西宮へ行っちまったんだな。

これでも間違いとは言えないg、混雑する時間帯は絶対こっちへ来ちゃダメだ。中国自動車道経由でも鳴門まで200円しか違わないんだから。

6時、漁魔は阪神高速の京橋PAにたどり着いた。

『やっと神戸か、ふぅーっ!・・・さすがに疲れたな』

『神戸ねぇ・・・』

『こうべ・・・こうべ・・・』 Zzzz....(-_-)

FLASH ドラマ「港の雀士」