宿毛は釣り人天国

いな穂の焼き鯖寿司

7/25(INDEX

2005年4月30日

宿毛釣り人地図(FLASH)

宿毛へ行くなら、赤丸の場所だけ暗記しちゃおう。56号線を高知から宇和島に向かっている場合、3本太い通りと交差するが、まず最初が国道321号線(通称サニーロード)。その次が片島フェリー乗り場への道。24時間営業レストランの Joyfull がある通りがモイカ釣りのメッカ・宿毛新港、藻津(むくづ)へ向かう道。

ミスタードーナツは確か朝8時から、モスバーガーは朝9時からやってる。以前は Joyfull がなかったので、早朝は食べ物屋がまったく開いてなかったのだ。でも、今はとても便利。Joyfull のとなりにコンビニもある。

4人はまず、松岡漁具で道具の買い足しをしてアサヒ健康ランド(定宿)へ向かった。アサヒ健康ランドは56号線を高知方面に4,5キロ戻った坂の上にある。ここは過去にレポートしたので料金だけ書いておこう。泊まり2,000円。夜12時を過ぎて入ると朝8時まで1,300円だったかな。とにかくアサヒ健康ランドがあるおかげで、冬場の釣りもバッチリなのだ。

「じゃあ、前祝いということで一杯やりましょうか」

「いいですねー。じゃあ、清水サバの焼きサバ寿司でも摘みましょう」

ということで、アサヒ健康ランドに車を停めた4人はフロントでタクシーを呼んでもらった。アサヒ健康ランドから「いな穂」へ行くなら、56号線の途中に「宿毛市街ななめ右」の看板があるところを右折。松田川を渡って最初の信号で川沿いに右折。道が左に折れたら、最初の路地を左に入り2ブロック目。

トビウオの姿寿司

トビウオの姿寿司

清水サバの焼きサバ寿司

清水サバの焼きサバ寿司

いな穂 住所:高知県宿毛市中央4丁目2-13 電話:0880-63-1656

この日は焼きサバ寿司が1本しか残ってなかった。テイクアウトもできるので、予約電話をしてから行った方がいい。なお、アサヒ健康ランドからタクシーで往復すると3,000円ぐらいである。