漁魔が行く(ハルウララ編)

出海沖の大アジ

20ページ目(最初のページ

2005年5月3日

出海沖のアジ釣りを解説しよう。出海沖のポイントはだいたい50〜60mぐらい。天秤にコマセカゴと50〜60号ぐらいのオモリを付け、クッションゴムの先にサビキを吹き流し状に付ける。釣れるアジが大型だから下にオモリがある胴突き仕掛けだと簡単にバレてしまうのだ。

この日、ハリスは2.5号のものを主に使ったが、たまに2.5号でもブチ切られることがあった。先日 gabe さんが釣った大物は48センチもあったというから、食いが悪くなければハリスを3号にしてもイイ。

アジ釣り

gabe さんのロッドはフレンドで1,050円

午前中は海が荒れて、漁魔6尾、gabe さん2尾、ジュンさん2尾、ムラカミ船長2尾だった。調子が良かった漁魔はどうしていたかというと・・・

水深61〜62メートルのところで仕掛けを投入。最初にアタリが出た58mをマークしてオモリを着底させずに止める。その後、仕掛けがなじむまでしばらく何もしない。ここでアタリがなかったらコマセを出すためにしゃくる。やり方は1.8mの竿を2段に分けて垂直近くまで。このとき2段目のしゃくりに移るとき、一瞬食いのタイミングを与える。さらに、ここでダメなら仕掛けを静かに下ろす。

午前中6尾釣れたが、アタリは倍ぐらいあった。アジの口はやわらかいので普通はアワセないが、ここのアジは上あごが非常に硬いのでアワセを鋭く入れた方が良かった。そうしないと途中でバレてしまうのだ。

アタリはしゃくったあと静かに仕掛けを下ろすタイミングで多く出た。また、それでも食わないときは3メートルほど電動で巻き上げて、再びコマセの帯の中に仕掛けを静かに下ろしていくといいようだった。(電動で巻き上げにかかった瞬間のアタリもある)

45センチの大アジ

45センチの大アジ

きのうから一睡もしていなかったので、食事のあと漁魔は眠りについた。ここで大栄丸は場所を沖に移したらしい。1時間ほど寝ていると船長が起こしに来た。

「釣れはじめたぜー」

どうやら寝ている間にバタバタッと10尾ほど釣れたらしい。まるでウサギと亀の物語だ。寝ているうちに gabe さんに並ばれていた。

44センチの大アジ

44センチの大アジ

その後、漁魔は2尾追加して納竿。大栄丸は5時頃港に戻った。釣果はご覧の通り。

44センチの大アジ

アジ24尾(4人で)