Hokkaido 1980

アイヌ語講座

4/11(INDEX

突然だけど、ガラリと雰囲気が変わるぞ。このページではアタシが講師になって皆さんにアイヌ語を覚えてもらう。北海道に行ったら必ず役に立つからしっかり覚えよう。

まず、皆さんは釣りが好きなわけだから、釣りに関係の深い言葉を覚えるといいだろう。北海道には然別(しかりべつ)とか薫別(くんべつ)のような地名が多いよね。この「別」という字は日本語の当て字で、アイヌ語では“ペッ”(PET)と発音する。意味は「川」 だ。

その他に川を意味する言葉として“ナイ”(NAY)がある。こちらは“ペッ”に比べると細い流れであることが多く、日本語に訳すとすれば「沢」だろう。

例えば・・・稚内(WAKKA-NAY):WAKKA(水)+ NAY(沢)=水沢 何と! 稚内はアイヌ語だと「水沢」なのだ。他にも色々あるから列挙しよう。

倶知安(クッチャン):KUCHA(狩小屋)+ AN(ある)+ NAY(沢)

苫小牧:TO(湖または沼)+ MAK(後ろ)+ OMA(ある)+ NAY(沢)

登別:NUPUR(水色の濃い)+ PET(川)

知来別:CHIRAI(イトウ)+ PET(川) ティファのスプーンに CHIRAI というのがあるでしょ。あれはイトウのことさ。アタシ達はイトウじゃなくてカラフトマスをこの川で釣ったんだ。宗谷の方にある小川だけどイトウも若干いたね。

知来別川

忠類:CHIW(流れ)+ RUY(強い)

留辺蕊(ルベシベ):RU(道)+ PESHI(たどる)+ PET(川)

その他に『なるほどな』と思う地名をいくつか挙げよう。

奥尻、国後、利尻・・・SHIR は地、大地、島の意味。

標津:SIPE(サケ)+ PET(川)

カムイワッカ:KAMUY(神またはクマ)+ WAKKA(水)

納沙布:NOT(岬)+ SAM(側)→ NOSAPPU ということは、野付半島の野付も岬の意味だということがわかる。

前ページで出てきた、養老牛:IYORO(混じる)+ USHI(場所)多分たくさんの川が集まっている場所だからだと思う。

知床:SHIR(大地)+ ETOKO(突端)

ペンケトー:PENKE(上の方の)+ TO(湖または沼)

パンケトー:PANKE(下の方の)+ TO(湖または沼)

洞爺:TO(湖または沼)+ YA(岸)

新冠:NIKAP(樹皮)

襟裳:ERUM(ネズミ)これは襟裳岬に行ってみるとわかるのだが、襟裳岬は沖の方まで岩礁が続いていて、たくさんのネズミが沖に向かって走っているように見えるのだ。今度行ったら思い出して奥さんや子供に自慢しよう。

それから、大きい小さいぐらいは知っていたほうがいいね。札幌の PORO が大きいとか多いという意味で、PON あるいは MO が小さいという意味だ。幌が付く地名は多いけど、それらは何かが大きいとか、多いという意味の地名なんだな。

じゃあ、最後に話題性に富んだアイヌ語の話をするよ。まず、アイヌ語をそのまま日本語にした言葉として、KONPU(昆布)、RAKKO(ラッコ)などがある。

エトピリカという奇麗な鳥が大黒島(霧多布のそば)などに住んでいるでしょ。(現在はかなり数が少なくてカムチャッカに行かないと見られないかもしれないが)

これはね、ETU(鼻)+ PIRKA(美しい)という意味。くちばしが赤くてとても奇麗な鳥なんだ。

あと、日本語とほとんど同じかまったく同じものとしては・・・

酒:サケ 豆:マメ 鮫:サメ ジャガイモ:エモ 鰯:イワシ ホッケ:ポッケ 飯:メシ などがある。アイヌ語が日本語の語源になったものもあるし、その逆もあるらしいよ。

でもね、アイヌ語が日本語に影響を与えはじめたのは相当昔らしい。例えば日本を表す古語ヤマトは YAM(栗)+ AT(生茂る土地)の意味だという学説がある。もしそうだとすれば、縄文時代からアイヌの言葉と混じりあっていたということだね。

それから、これはアタシが発見したんだけど、女の子のファッション雑誌 nonno はアイヌ語で「花」という意味。これは多分無関係じゃないと思う。

あ、さてぇー、長々とアイヌ語の話をしたが、これから皆さんを御案内する知西別をアイヌ語の辞典で調べると・・・

CHIWASI(流れが急な)+ PET(川)という意味ではないかと思う。事実、我々はここでエライ目に遭ったのだ。それではいよいよ知西別に行くぞ。